古本・古書、CD・DVD高価買取のよかばい堂。全国対応の宅配買取と、福岡・九州を中心に出張買取も致します。

福岡市中央区で文芸書の大量買取り


3月 8th, 2017 | Permalink

2017.3.8

今日の買い取りは3件。

最初はけやき通りでの文芸書の大量買取り。

電話では全集ものをいくつかとおっしゃっていたけれど、実際にお伺いすると一室に本の詰まった段ボールが数十個。

大半は査定額が出にくい教養書や小説だったが、いくつかの個人全集を中心に買わせて頂きました。

売り主様は団塊の世代の方で、福岡に古本屋が少なくなったことを嘆いておられました。

というのも、奥さんからは「せめて昼間は家にいないでほしい」と言われるので、昼間行く場所が欲しいとのこと。

引退した方には同じ問題を持つ人が沢山いるとおっしゃってました。

弊店は店舗を持っていないので想像するしかないのですが、

古本屋が減っているのは店舗の維持コストが売り上げに見合わなくなっているのではなかろうかと。
ただ、店舗には「販売」の他に「仕入れの基地」という目的もあります。
古本屋にとっては仕入れが命。
店舗の強みは仕入れでも発揮できるのです。
「そういえばあそこに古本屋があった」という記憶で、本を売る方は多いはずです。
というわけで、このお宅のご主人とは楽しい会話をしながらの作業となりました。
もう少しお話したかったくらいです。
このあと横溝正史全集とSPレコードのまとめ買いをして本日の買い取りは終了。
今日も楽しく仕入れができました。
古書よかばい堂
092-408-4208
先日読売新聞に掲載した弊店の広告です。
テレビ欄の柱と呼ばれる広告。
電話番号が途中で切れてしまいましたが以下のとおりです。
092-408-4208

福岡市南区長丘での買い取り  『精神統一入門』 脇長生 霊魂研究資料刊行会


11月 15th, 2013 | Permalink

かなり珍しい本です。

著者の脇長生という名前をネット上で検索するとウィキペディアの「心霊科学研究会」の項に出てきますが、

どうやらそことは袂を分かったようです。

ちょっとだけ目を通すとまえがきにこうあります。

「この精神統一なるのもほど一歩その本質を誤れば、危険なものはありません」

と書かれています。

全体に平易な語りかけるような口調で書かれた小冊子です。

よかばい堂ではこうした心霊・スピリチュアル関係の本も買い取ります。

まずはお電話でご相談を。

092-408-4208

福岡市早良区西新の学生さんから社会学系テキストの買い取り


10月 31st, 2013 | Permalink

夕がた近くになってお電話。

すでに弊店近くまでバイクで本をお持ちだとのことで、出向きました。

わずか4冊ですが状態も良いので気持ちよく査定したところ一発でご快諾いただきました。

お若く見えたので「未成年ですか?」とお聞きしたところ、5月で二十歳になったばかり。

失礼いたしました。

お聞きすると西新にあるミッション系大学の学生さんとのこと。

最近は大学の講義でも原発事故の本をテキストに使うのですね。

福岡市内での百科事典の処分について


4月 18th, 2013 | Permalink

 

 

 

お持ちの本が売れるだけの価値があるかどうかわからない、という方は遠慮なくお電話でお問い合わせください。

古い雑誌やパンフレットなどでもひょんなところにお宝が混じっていることもあります。

なるべくそのままの状態でまずお電話ください。

電話で説明するのは面倒だという方。

ご近所であればこちらから出向いて見て判断します。

当方は福岡市南区長丘で、城南区・中央区に近接してます。

ご住所によっては直接うかがったほうが手っ取り早いケースも。

 

今や百科事典を処分したい方はたくさんいらっしゃいます。

百科事典が売れたのは昭和の高度成長期です。

日本人も勤勉で知識欲が旺盛だったのでしょう。

あるいはマイホームを手に入れた人が応接間に置く家具が空っぽじゃ体裁が悪いので、百科事典や文学全集を購入したということもあったようです。

当時は訪問販売のセールスマンがいたと記憶しています。

本というよりは家具の一部だったのかもしれません。

当時購入した人たちが70-80歳になり、お亡くなりになる方もでてきています。

それが売りに出されているというわけでしょう。

ところが今や百科事典のコンテンツはデジタル化されているので、重くてかさばる紙の事典は見向きもされません。

小型の電子辞書やネット検索で十分というわけです。

というわけで百科事典はどの古本屋も買いません。

弊店とても例外じゃなく百科事典では商売はできません。

お売りいただける本があれば、お電話でご相談ください。

092-408-4208

福岡市中央区笹丘で語学書・スポーツ科学の本などの買い取り


4月 9th, 2013 | Permalink

中央区笹丘もよかばい堂からはすぐ近く。

うちは南区ですが、城南区と中央区も目と鼻の先です。

訪問するとお引越し準備の真っ最中。

「お値段のつかない本も持って行っていただけますか?」とお尋ねになるので、「これだけの分量なら問題ありません」とお答えしました。

数分で計算が終わり、見積もり金額には一発回答を頂戴しました。

よかばい堂では語学書、アロマテラピー、スポーツ科学などの本の買い取りをしています。

まずはお電話でご相談ください。

092-408-4208

福岡市中央区平尾で映画の本の買い取り


4月 9th, 2013 | Permalink

福岡の平尾といえば古くからの住宅街。

近くには植物園・動物園・ミッション系の学校もある人気の地区で、

 よかばい堂からもクルマで5分ほどで行けます。

きのうはスケジュールが空いていたので、お電話をいただいてすぐに参上しました。

特撮・怪獣ものの映画の本、生物科学の入門書・専門書などを数十冊お譲りいただきました。

中央区・南区・城南区などの全域は近いので、すぐに参上できます。

よかばい堂は映画の本、科学の入門書・専門書などの買い取りをしています。

まずはお電話でご相談ください。

092-408-4208

福岡市中央区笹丘での政治学専門書の買い取り


4月 4th, 2013 | Permalink

中央区笹丘の方からお問い合わせ。

高台にある閑静な住宅街の瀟洒な洋館でした。

J・Sミルなどの政治学の専門書をお売りいただきました。

お近くの場合は、少ない冊数でも参上いたします。

よかばい堂は法律・政治・経済などの専門書の買い取りをしています。

まずはお電話でご相談を。

092-408-4208

古い雑誌を読む(1)


3月 4th, 2013 | Permalink

最近古い雑誌を立て続けに仕入れました。

週刊誌、女性誌、文芸雑誌などさまざまなものがありますが、ビジュアル的にも面白い広告やグラビアのあるものをいくつか紹介します。

昭和30年代から40年代のものが多く、このあたりは人気があります。

よかばい堂店主の10代20代とも重なっている頃なので、可能な限り記憶を呼び起こしてご紹介します。

まずは「週刊朝日カラー別冊 1970年 winter」

特集は「インテリア」

岸田今日子、石井好子、イーデス・ハンソン、勅使河原蒼風などが自分の部屋を紹介する内容。

岸田今日子には「新劇女優」という肩書がついている。

この年の前後から始まったテレビアニメ「ムーミン」で複数の役の声を担当していたと記億。

あと、五木寛之の「モルダウの重き流れに」が一挙掲載(100枚)。

この作品、この雑誌が初出だとは知らなかった。

「さらばモスクワ愚連隊」で直木賞をとったのが数年前だから、当時は新進気鋭の作家だったはず。

モスクワとかモルダウとかプーキシンなどといったロシア東欧の固有名詞を好んで使う人だった。

早稲田の露文科出身だからとういうこともあろうが、社会主義への幻想がまだ残っていた時代だからだろう。

その特集「インテリア」から横尾忠則のページをご紹介。

彼もまた当時は新進気鋭のデザイナーだったはずだ。有名なサンタナのレコードジャケットは多分この数年後。

写真右上の神棚横にビートルズの写真が貼られている。これはいわゆる「ホワイトアルバム」の付録。

横尾忠則にかぎらず多くの取り上げられた人の文はインタビューを起こしたもののようだが、高峰秀子の文章はご本人が書かれたもののようだ(違っていたらごめんなさい)。

あの男っぽい断定口調のエッセイのファンはおわかりだろう。

そうかと思えば、中にはこの短い文の最初から最後まで自慢話で埋め尽くしているご仁もおられる。

ご興味のある方は実物をご覧ください!

後ろ見開きにはサンスイのステレオの広告。

ページが折れて残念だが、もちろん浅丘ルリ子さん。

最近ご自身で二十歳前後の頃に小林旭と同棲していたと暴露したが、これはそれより数年後ぐらいだろうか。

浅丘さんは他の古雑誌でも拝見するが、本当にお美しい。

あと、忘れてはならないのがフランスの大スタージャン・ギャバンとの独占インタビュー。

よくインタビューできたものだと思ったが、編集後記でその経緯が説明されている。それに添えられたスナップ写真が魅力的だ。

大スターなのに大型セダンの後部座席じゃなく、小型車の助手席に乗っているのがちょっと不思議。

当時はフランスの代表的な大型車はぺちゃんこのカエルみたいなシトロエンだと思うが、それではなさそう。

もっと小さいクルマのように見える。

詳しい人ならこの写真だけで車種がわかるだろう。

新入荷 古い児童書


2月 27th, 2013 | Permalink

仕入れたときは汚れていましたが、バイトのsachiさんの丁寧なクリーニング作業で甦りました。

『自分で工夫するぼくらの電気工作』(桜内雄二郎)

きっと前の所有者はラジオ少年だったのでしょう。かなり読み込んだようでずいぶん傷んでいます。

表紙には様々な工具とともに真空管の写真。

こちらは集英社から昭和48年に出た『空とぶ戦闘鑑』

ジュール・べルヌ原作の「征服者ロビュール」の子供向け翻案もの。

「須藤出穂・文」とクレジットされています。この人はテレビの脚本などを書くのが本業だったようです。

よかばい堂は児童書や絵本の買い取りもしています。

まずはお電話でご相談ください。

092-408-4208

福岡市中央区の方からの買い取り


2月 27th, 2013 | Permalink

この方わざわざ当方まで本をお持ちくださいました。

事前の電話で弊店には店舗がないことをお伝えしていましたが、クルマの中で待つから問題ないとのこと。

しかし、よもやタクシーでいらっしゃるとは予想外です。

見積もり金額でタクシー代が出るかどうか気がかりだったけど、当方の提示額に即座に納得していただきすんなり交渉成立。

法律書がメインでしたがよく勉強されたようで書き込みがある本も。

そういう本も、安くはなりますが見積もりいたします。

よかばい堂は法律書の買い取りをいたします。

まずはお電話でご相談ください。

092-408-4208

最近の投稿

カテゴリー

よかばい堂のGoogle+のページ

Google+