古本・古書、CD・DVD高価買取のよかばい堂。全国対応の宅配買取と、福岡・九州を中心に出張買取も致します。

福岡市東区で雑誌の買取り!


12月 7th, 2017 | Permalink

2017.12.6

東区の住宅地にお住まいの方からの電話。

サブカル系のいろんな本を整理したいとのことで参上してみました。

ところが実際に書棚を拝見するとずいぶん整理が進んできれいになってしまってます。

残された本はご自身のお気に入りの本らしいのですが、正直古本屋の目から見ると値が付くものは少ないのでした。

そうこう話をするうちに、屋根裏部屋に雑誌がまだたくさんある、とのお話が!

なんと「週刊TVガイド」がたくさん残っているとのこと。

この雑誌、もともと読み捨てられる運命にあった雑誌なので残っていることはきわめてまれ。

この方は仕事の関係でとっておかれたようですが、残念ながら古い順に捨ててしまったそうで、残されたものは昭和の最後、1980年代のものでした。

先方さんも驚かれたようで「こんな雑誌の方が売れるの!?」と至極もっともな疑問をぶつけてこられますが、実のところ雑誌の方が高値がつくことはよくあります。

ですから、皆さん、ぜひとも「こんなものは売れないだろう」という見込みで捨ててしまわず、まずはご相談ください。

 

福岡県粕屋郡篠栗町で思想書・哲学書・文庫・新書の買取り 断捨離中の大学教授より


11月 28th, 2017 | Permalink

2017.11.28

大学の先生は本を売りなれている方が多く、弊店の査定額も予想の範囲内だったようでスムーズに交渉成立。

弊店ホームページをご覧いただきお電話を下さったとのこと。

このブログもお読みいただいたようです。

ハードカバーの思想書は値が付くものが多いです。特に法政大学出版局やみすず書房、藤原書店などのものは値崩れしにくいものが多い。

文庫や新書は値崩れしやすいですが、ちくま学芸文庫や講談社学術文庫は比較的値崩れしていないものが多いです。

古書よかばい堂

092-408-4208

090-3664-6867(携帯)

 

長崎県佐世保市で書道・短歌の本を大量に買取り  御祖父様の蔵書整理をお手伝い


11月 15th, 2017 | Permalink

2017.11.15

今回は、おじい様の残された本をお孫さんが処分されるというお話。

おじいさまは短歌がお好きだったようで斎藤茂吉の戦前の初版本が大量に書棚に残されていました。

じつはこの手の本は古本屋としては買い取りづらいものの一例です。

茂吉ほどのビッグネームの場合、テキスト自体は全集や文庫で比較的簡単に手に入るので古色蒼然たる戦前の本といえども必ずしも高い値が付くわけではありません。

むしろ意外と安いので驚く方も多いと思います。

 

今回は茂吉の本はさておき、それ以外の書道関係や額縁や掛軸に買えるものが多かったのでかなりの査定額になりました。

また、家ごと処分する予定のようで本以外にも古いものをいくつか買わせていただきました。

囲碁関係の本も多かったです。

本の量と質がある程度あれば佐世保まで出張に参ります。

また、本が少なくてもレコードがあったり、掛軸や古いガラクタ類からひょんな出物があったりもします。

一度お電話でご相談ください。

092-408-4208

090-3664-6867 携帯

 

 

 

 

マリリン・モンロー、福岡での投げキッス


11月 7th, 2017 | Permalink

モンローに直接会った人の話は残念ながらまだ聞いたことがない。

60年以上前の話だから、生きている人も少なくなってしまったに違いない。

なので、私が耳にした話はすべて又聞き。

ひとつは前回すでに書いたナプキンの話。

もう一つは今から書く投げキッスの話。

 

私の同級生のご尊父がモンローが宿泊したホテルと食事をしたレストラン花の木の設計に携わった方だったという。

その縁でだろう、ご尊父は仕事でホテルかレストランでモンローを直接目にするチャンスがあったそうだ。

そのご尊父は堅い人だったにもかかわらずモンローから投げキッスを受けた話を家族にしていたという話。

たったこれだけだが、なんとも味のある話だ。

 

想像してみるに、おそらくは彼一人に対して投げキッスをしたのではなく、彼を含む一団に対してだったのではなかろうか。

遠くから見守る群衆に対して投げキッスをしたというのならわかりやすい。

米軍の慰問に行ってステージ上から兵士たちに向けてしたように。

 

それでも、である。あのマリリン・モンローがこっちを向いて(おそらくは数メートル先の至近距離から。だって建物の中での話だと思うから)あの投げキッスをされたら、

いくら堅物でも家族に話をしたくなるだろう。

 

Youtubeで”Marilyn Monroe ” “Blowing Kiss”で検索すると福岡での静止画を集めたものが出てきた。

 

これを見ると福岡では彼女は”Brady Airbase”を訪れたことになっている。

このBrady Airbaseがどうやら雁ノ巣の飛行場あたりのようなのだ。

つまり、シオヤヒルズから海の中道の海岸を彼女が眺めたのではないかという憶測はあながち間違っていなかったかもしれない。

ネット情報だけでとりあえずここまでたどり着いた。

時間があれば、さらに調べてみることにしたい。

 

マリリン・モンローと花の木


11月 6th, 2017 | Permalink

モンローの福岡での話の続き。

彼女がロイヤル花の木でオニオン・グラタンを気に入ったという話はよく耳にする。

ただ、当時は大濠公園にはなかった。

「花の木」は現在の「博多エクセルホテル東急」の場所にあった。

実はよかばい堂店主も子供の頃親に連れられて2度ほど行ったことがある。

今から50年近く前のことだと思う。

花の木はロイヤルの旗艦店だ。

当時は花の木と言わずとも「ロイヤル」というだけでちょっとよそ行き気分で行くレストランだった。

たしか新天町とか「西鉄グランドホテル」の正面(今の「まんだらけ」のあたり)にもあった。

ロイヤルホストというファミレス展開はしていなかった時代だと思う。

さてその花の木だが、驚いたのは店に入って案内される場所が、メニューを見るためだけの部屋というかコーナーだということだ。

つまりそこでは食事はしない。

大人たちは食前酒を飲んでいたのかもしれないが、メニューを見てウェイターの説明を聞きながら注文をする。

ほどなくしてテーブルのセッティングが終わるとおもむろに二階のテーブルに案内されるという寸法だった。

 

レストラン花の木のHPを見たら、当時の中洲店について「一階は喫茶、二階でフランス料理を提供し」とあるから、

あれは1階の喫茶だったことをいま知った。当時は子供だったので、メニューを見るための部屋があると思っていた。

 

二階からは目の前に那珂川が見えたことと、タンバル・エリーゼというデザートがうまかったのを覚えている。

先日テレビを見ていたら大濠公園の花の木に行った取材クルーが、「モンローはここに座ったんですね」というと「はい」と店員が答えていた。

モンローが座った椅子が残っているので、その椅子に座ったという意味ではたしかにそうだが、彼女が見た景色は大濠公園ではなく那珂川だった。

こういうことは年寄りが証言(?)しておかないとだんだん忘れられたり、勘違いが流通しそうなので書いておくことにする。

 

レストラン花の木のHPを見たら、古い中洲にあった店舗の写真が掲載されている。

モンローが来店したのは開店から3カ月のことだったとも書いてあった。

 

さて、モンローが使用したナプキンをいまだに保管している人がいるという話を聞いたことがある。

市内にあるとあるレストランのオーナーから聞いた。

というのも彼が若いころ花の木にいたと聞いたからだ。

「モンローには会いましたか?」と尋ねたら、

「いいえ私が入社したのは彼女の来店の後でした。でも先輩で彼女の給仕をした人は今でもその時彼女が使ったナプキンを持っていますよ」

ということだった。

これはすごい。文化財だ。福岡市博物館はぜひ買い上げてください。いやロイヤルさんでもいい。

こういうものは貴重です。

 

 

 

 

 

マリリン・モンローと福岡


10月 30th, 2017 | Permalink

2017.10.30

こんなことは古本屋の仕事ではないとは思うのだが、もう年寄しか語る者がいなくなりつつあるので、知っていることをぽつぽつ書いてみようと思う。

私自身きちんとした取材をしたわけでもなく、聞きかじりの情報や拾い読みした本の情報の記憶から書いているので、かなりの確率で事実誤認が混じっていると思う。

なのでお気づきの方がいらっしゃればご指摘いただければ幸いです。

 

マリリン・モンローが福岡に来たことがあると言うと驚く人がいるかもしれない。

彼女はまだ新人女優の頃にニューヨークヤンキースのスター選手ジョー・ディマジオと結婚し二人で日本にやってきた。

といっても新婚旅行に日本を選んだわけではない。

ディマジオが日本側(おそらく読売新聞社やジャイアンツや日本プロ野球機構あたりか)からの招待を受けて日本人に野球を教えに来たというのが本当のところらしい。

 

一度調べたことがあるが、当時のモンローはまだハリウッドでの出演作が数本しかなかったはずで、のちの代表作となる映画のほとんどにはまだ出演してなかったはずだ。

この程度はネットでググればすぐわかるので、ちょっと引用しておく。

モンローの来日の年:1954年2月

代表作と製作年:1953年「ナイアガラ」「紳士は金髪がお好き」「百万長者と結婚する方法」

1954年「帰らざる河」「ショウほど素敵な商売はない」

1955年「七年目の浮気」

1956年「バス停留所」

1959年「お熱いのがお好き」

つまり、まだ主役としては3本の映画しか知られていない頃に来日している。

いっぽうディマジオはすでに40歳で野球人としての知名度ははるかに高かったらしい。

 

 

福岡に来たふたりは「国際ホテル」に泊まったらしい。

私はてっきり「日活ホテル」に泊まったと思っていたが、ネット情報では「国際ホテル」となっている記事が多い。

一度きちんと調べてみたいと思っている。

 

けっこうこの辺は情報が錯綜していて、私よりも年配の人でも「帝国ホテル(当時は福岡にも呉服町に帝国ホテルがあった)に泊まった」という人がいるぐらいだから、

このへんはきちんと調べたいと思っている。ちなみに彼らは東京では帝国ホテルに泊まっている。

きちんと調べるには文献にあたってみたい。

まずは福岡市中央図書館にでも行き当時の新聞記事を確認してみたいところだ。

隠居したらじっくりやってみたいと思っていたのだが、気づいたら還暦が目前に迫っている。もう時間がない!

 

福岡の米軍とはどこにあったのかも確認すべきだろう。

板付と雁ノ巣に米軍がいたことは漠然とした記憶にはあるが、モンローはいったいそのどこに行ったのか?

何時間ぐらいいて、誰と会い(当然米軍関係者だろう)、何を食べ、どこでもてなされたのか?

 

海の中道海浜公園の中で素晴らしい砂浜の景観を一望にできるシーサイドヒルシオヤという建物がある。

あまり知られていないが、機会があればぜひ一度ここからの景観を見ていただきたい。

福岡市内でもっとも素晴らしい景観のひとつではないだろうか。

20年以上前に東区の不動産屋から聞いたのだが、雁ノ巣に米軍がいたころに彼らがこの建物を建てたらしい。

彼によると将校用のゲストハウスだったらしい。

これも私の聞きかじりの記憶なのでどこまで正確かはわからない。

 

もしもモンローが雁ノ巣にも訪問したなら、きっとこの将校用ゲストハウスに来たに違いない。

もしもこの憶測が当たっていればきっとあの景観を目にしたはずだ。

そのとき彼女はどんな感想を述べたのだろうか?

この点はぜひ確認してみたいと思っている。

 

どこの文献に当たればいいかだが、米軍の記録で公開されているものに頼るしかないだろう。

アメリカのペンタゴンにでも行き情報公開請求をすればいいのだろうか?

 

ただ、モンローが福岡に来て誰とどこで会ったかぐらいなら、アメリカまで行かなくても日本国内でもわからないでもなさそうだ。

米軍の新聞に「星条旗新聞」”Stars and Stripes”という新聞がある。

まずはこの新聞の当時のものを見るのが第一歩だろう。

東京に行けば星条旗新聞社があるから、そこに聞いてみるのがいいだろう。

 

とうわけでひそかに老後の楽しみとしていたのだが、今日福岡のとある民放から電話をもらい、

私が書いたツイッターを頼りに情報提供を願い出て来た。

残念ながら私には出せるものはないが、上記の情報を提供した。

 

もしかすると福岡でのマリリン・モンローの足跡をたどる番組ができるかもしれない。

自分で調べようと思っていたが、なかなか進まないのでテレビ番組に頑張っていただきたい。

期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

福岡市でDVDの買い取り


10月 15th, 2017 | Permalink

2017.9.30

大量のDVDを買い取りました。

売り主様ご本人の言によれば「映画秘宝」系とのこと。

レンタルショップには置いてないマニアックな映画が多いので買値もかなりの額になりました。

最初は弊店が委託を受けて古書組合の市に出品するということで合意していたのですが、

弊店の都合で直接売っていただけないか打診したところ快諾いただいたので遽全部買い取りました。

もちろんこちらの都合による申し入れなので市での予想落札価格に上乗せさせていただきました。

さらに組合や弊店の手数料分も節約できたので売り主様は手取り額にはご満足いただけたと思います。

 

 

 

ホームページを刷新しました


8月 1st, 2017 | Permalink

よかばい堂のサイトが新しくなりました。

今回のリニューアルの目玉の一つはLINE査定の導入。

買取のご案内

きのう早速お問い合わせをいただきました。

写真を送るにはLINEがとっても簡単です。

スマホをお使いの方の多くはすでにLINEをご利用の方も多いと思います。

身近のご年配の方が家の整理や処分を考えていたらぜひLINE査定をご利用いただくときっと喜ばれます。

どうぞご利用ください。

 

山口県萩市で全集と講談社学術文庫の買取り


7月 13th, 2017 | Permalink

2017.7.10

先月末山口の萩まで買い取りに行きました。

講談社学術文庫が1000冊ぐらいあるとのお電話だったので山口まで来た次第。

予定より若干少なめでしたがこのほかに全集ものをいくつか仕入れて夕方前に早仕舞。

萩はゆっくり回ったことがなかったので、今回は萩城に近い海沿いのホテルを予約。

早めにチェックインし大浴場でゆったり。

翌朝は朝食前にホテルから無料のバスツアーが出るというので参加。

世界遺産地区をゆっくりまわってくれていいツアーでした。

ボリュームたっぷりの朝食後には松下村塾へ。

その後長門市と角島を回って帰りました。

航空関係グッズを仕入れました


6月 6th, 2017 | Permalink

2017.6.6

飛行機に乗るときの荷札です。

しゃれて言うとバゲージタグ。

前の持ち主は東京オリンピックの数年前にブラジルに赴任した人。

なのでその当時のタグが出てきました。

こんなの↓です。

リマとか、リオデジャネイロ、サントスなどの行き先が見えます。

紐はなんと麻ひもですね。

飛行機関係のグッズには根強いコレクターがいるので、こういうものも探している人がいるはずです。

最近の投稿

カテゴリー

よかばい堂のGoogle+のページ

Google+