古本・古書、CD・DVD高価買取のよかばい堂。全国対応の宅配買取と、福岡・九州を中心に出張買取も致します。

福岡近郊での古本の買取り


2月 20th, 2018 | Permalink

2018.02.20

弊店は福岡市の南区に所在するので、福岡市とその近郊での買取りが中心です。

場合によっては山口や熊本・長崎にまで足を延ばします。

遠方への出張はおおむね数万から数十万円程度のの買取りが見込める場合です。

数千円の買取りでは出張コストを吸収できないのでやむをえません。

ですから、お電話をいただいた場合(特に遠方の方には)お売りになるものについて詳しくお聞かせいただいています。

もちろん、本のタイトルを言っていただくのも重要ですがすべての本のタイトルを聞く訳にはいかないので、

「誰が」「なぜ」「いつ頃」その本を集めたのかを聞かせていただくとだいたいその蔵書(ないしはレコードコレクションなどの)概要がつかめます。

たとえば、「高校で日本史を教えていた父が3年前85歳で他界したのですが、その蔵書を処分しようと思います」というようにお聞きすると、

もうだいたい買える本がどれくらいあるかは想像できます。

福岡市内やその近郊ならこれだけで出張してもいいと思うぐらいです。

上で書いた「誰が」「なぜ」「いつ頃」買い集めたかという情報がすべてそこにはあります。

「誰が」 高校の日本史の教師

「なぜ」 仕事上必要だから

「いつ頃」年齢から計算すると、70年前から30年前ごろまでの本が中心。

おそらく「国史大系」「岩波講座日本歴史」「日本史大事典」「フロイス日本史」や年表類などが目に浮かびます。

「福岡市内ならこれだけで出張してもいいと思うぐらい」と書きましたが、もう少し遠方になるとちょっと慎重になります。

上記だけでは出張コストを吸収できない可能性があるからです。

たとえば「岩波講座日本歴史」は、最新版なら別ですが数十年前の版はきわめて安いので買取りができないことが多いです。

そこで電話の段階で詳しくお聞きします。

場合によってはスマホのLINEで写真を送っていただきます。

LINE買取の詳細はコチラ↓をご覧ください。

買取のご案内

こういうように、本を集めた人の職業(特に学校の先生)は重要な情報です。

あと集めた方の年齢や生年も重要です。

上の例では学校の先生なので「誰が」と「なぜ」がほとんど一致してますが、実際には「サラリーマンの父が好きで読んでいた」ということも多いです。

その場合は特に目立った趣味があったかどうかがポイントになります。

「金魚を飼っていた」「映画演劇が好きだった」「ジャズマニア」「ラジコン好き」「時代小説が好き」「ミステリーが好き」

などもしも趣味をお持ちだったら詳しく聞きます。

上の例で言うと「ジャズマニア」と言われたら本もそうですがレコードについてもお尋ねします。

むしろそちらの方が買い取りの中心になるでしょう。

「ミステリー好き」は微妙です。どういう作家が好みだったかを聞きます。

赤川次郎や内田康夫・山村美紗などだと買取りは難しいことが多いです。

ただ実店舗を持つ古本屋なら買うかもしれません。ネットではほとんどが1円本なので当店では買取りができません。

古いハヤカワポケットミステリがあれば要注意です。雑誌「幻影城」などがあれば文句ありません。

「ラジコン好き」の場合は本もさることながら、雑誌が残っているかどうかがポイントです。

特に趣味はなかったというばあいでも、何か集めていたものがないかを聞きます。

家族にとってはガラクタにしか見えないものでも買える場合があるからです。

最近の例で言うと、

・弟(故人)が集めていたアニメのセル画

・父(故人)が兵隊で行った満洲から持ち帰った絵葉書

・父(故人)が集めていたマッチのラベル、駅弁の掛け紙

・父(故人)が集めていた飛行機の模型

・妹(故人)が集めていた漫画雑誌

・ご本人が集めていた男性週刊誌(週刊プレイボーイ、平凡パンチ、GORO、週刊宝石)

・父(故人)が戦地から家族に送ったハガキ(軍事郵便)

いずれも処分に困ってのご相談です。

ご家族(ご遺族)にとっては価値がわからないものがほとんどの場合が多い。

皆さんに共通しているのは「捨てるに捨てられない」ということです。

そりゃそうでしょう。

捨てるてしまえば、ではこの数十年間ゴミと一緒に過ごしてきたのか、ということになりますからね。

父親のハガキを処分する方は「持っていたいものはたくさんあるが、老人ホームに入所するからすべては持っていけない」

とのことでした。こういう話は最近よく聞きます。

私が買いますと言うとほとんどの方が「これが売れるとは思わなかった」とおっしゃいます。

「捨てないでよかった」とも。

皆さん、お捨てになる前にぜひよかばい堂にご相談ください。

092-408-4208

 

 

 

 

山口県下関で漫画雑誌・広告・デザインの本の買取り


2月 3rd, 2018 | Permalink

2018.2.3

下関に行ってきました。

亡くなった妹さんが残した漫画やデザイン・広告関係の本を引き取ってほしいという電話を受け行くと、

1970年から80年代にかけての少年漫画や少女漫画の雑誌がかなりありました。

糸井重里の昔の本なども。

残念なことにビックリハウスのバックナンバーは捨ててしまったそうです。

これもよくある話。残念ですが。

昨年山口県の周南市で雑誌を売って下さった方が、あとからまた数箱雑誌が出て来たので、山口まで来るときには連絡くれと言われていたので連絡したところ、

本をもって下関まで行く、とおっしゃいます。

捨てるに忍びないとのことなので、お引き受けしました。

というわけで、雑誌をぎっしり詰め込んで下関から帰りました。

もちろんお昼は唐戸市場でふぐ定食を。

なかなか充実した出張でした。

月刊カドカワ。最近また話題になっている斉藤由貴の若いころ。

斉藤由貴と尾崎豊の対談。その際のスナップ。

 

これは意外と手に入らない本かもしれません。

こういう本も意外と需要があります。クイズ番組の研究している人もいると聞くし。

福岡市南区で経済・文芸書の買取り 本の大量処分


1月 20th, 2018 | Permalink

2018.1.20

南区は高宮駅近くのマンションからのお電話。

父親の残した大量の本があるので見てほしいとのこと。

近場なので四の五の言わずにとりあえず現場を見に直行。

すると本棚にして10竿分ほどにぎっしり。

ただし買える本はその中の一部。

先方の条件は「すべて本を持ち出すこと」。

なんでもマンション自体を売るのでカラにしてしまいたいとのこと。

しかも東京から一時的に帰省しているので数日で全部持っていってほしいとおっしゃる。

さて、どうするか?

というのも、一時的に全部持ち出すと置き場所がないので保管場所を借りなければなりません。

さらに古いマンションでエレベータがないのですべて人力による搬出。

そのためにはアルバイトを雇う必要もありそうです。

欲しい本はあるけれど、これらのマイナス条件を勘案すると見積金額はかなり厳しいものになります。

結果的に金額面でも合意に至りすべて搬出することとなりました。

3日間かけてアルバイトをのべ3人雇ってすべて搬出。

最後は80箱ほどを知り合いの紙資源回収業者に引き取ってもらいミッションを完遂しました。

本は経済学や金融・統計学の古典的な本や理論書でかなり価値の高いものも含まれていました。

また、シェイクスピアやゲーテの研究書なども多くありルネサンスやギリシャローマをはじめとする西洋の文芸・芸術に関するもの、そして岩波新書と岩波文庫も大量にありました。

いっぽう古い経済読み物、大前研一・竹内宏・長谷川慶太郎・リチャードクーなどの評論家やエコノミストの書いた本はほとど買値がつきません。

これらはブックオフの100円コーナーで10年前からの常連で、いまではアマゾンの一円本です。

人気のある著者の本は大量に売れるので古本の価値はおのずと下がります。

今回は短期間にすべての本を搬出するという命題を突き付けられた作業でしたが、

欲しい本だけ抜かせてもらえるのならかなりの金額をお支払いできたと思います。

ただ、先方さんも金額よりも本の搬出を優先させていたのでこの結果でご満足いただけたようでした。

さいごは先方のご主人から高価な焼酎をお土産に頂戴し、喜んでいただけたと感じました。

今回仕入れた本の一部

新釈漢文大系、W.D.ギャン『株価の真実』、トーマス・クーン『科学革命の構造』

 

 

 

 

 

古い雑誌の買取り 平凡パンチと小林麻美


12月 21st, 2017 | Permalink

2017.12.21

先日仕入れた雑誌をチェックしていたら小林麻美の素晴らしい写真を見つけた。

なんとも可憐。

 

欧州のどこかの街角かと一瞬見まがうけど、よく見れば日本の路上。

後にいい女の代表みたいになっていくけどこの頃の小林麻美はカワイ子ちゃん系だった。

その頃のシングルヒット。

 

軍事郵便を買い取りました 宗像市での買い取り


12月 19th, 2017 | Permalink

2017.12.18

毎日新聞で広告をご覧になった方からお電話をいただきました。

レコードの他に軍事郵便をお売りいただきました。

兵隊さんが戦地から家族に宛てた手紙・はがきの束。毎回のようにまずは自分の無事を知らせるところから始まる文を読むと胸に迫るものがある。

スマトラは現在のインドネシアだが、戦前はマレイ(馬来)と呼ばれる地域の一部だった。現地の様子を知らせる絵はがきなど。

巧みな絵を描いているはがきもある。

馬来(マレイ)のスマトラに赴いていた兵隊さんが家族に宛てたはがきの束です。

珍しいレコードを手に入れました。

大滝詠一のペパーミントブルーのプロモ専用盤。モノラルミックス。

これはレアです。

 

山口県周南市で昭和レトロな雑誌の買取り  週刊プレイボーイ・平凡パンチ・GORO・週刊宝石・週刊現代など 断捨離中の方から


12月 12th, 2017 | Permalink

2017.12.9

朝日新聞の広告をご覧いただいた方からのお電話。

朝日は九州山口を通して広告が出るときがあります。

なのでよくお電話をいただきます。

山口でも下関と周南市じゃずいぶん距離が違います。

電話での話だと買い取りに行くと足が出るんじゃないかという気がしたので、宅配買取をご提案すると、

大量なので宅配は大変だし交通費はこちらが負担するので来てくれないか、とまでおっしゃるので行くことにしました。

週刊プレイボーイ・平凡パンチ・GOROなどを査定していると、「週刊宝石や週刊現代は買いませんよね?」とお尋ねになります。

「いえ、大丈夫ですよお見積りします」と言うと奥から大量に運び出されてきました。

なんでも断捨離中なのだとか。

大きな家なので置く場所には困らないのでしょう。古い雑誌をたくさん買い取らせていただきました。

 

雑誌以外にももちろん学術書や専門書、さらには古文書や掛軸、昭和レトロなレコードやCD・DVDにいたるまで様々な品を査定します。

 

古書よかばい堂

092-408-4208

090-3664-6864

 

福岡市東区で雑誌の買取り!


12月 7th, 2017 | Permalink

2017.12.6

東区の住宅地にお住まいの方からの電話。

サブカル系のいろんな本を整理したいとのことで参上してみました。

ところが実際に書棚を拝見するとずいぶん整理が進んできれいになってしまってます。

残された本はご自身のお気に入りの本らしいのですが、正直古本屋の目から見ると値が付くものは少ないのでした。

そうこう話をするうちに、屋根裏部屋に雑誌がまだたくさんある、とのお話が!

なんと「週刊TVガイド」がたくさん残っているとのこと。

この雑誌、もともと読み捨てられる運命にあった雑誌なので残っていることはきわめてまれ。

この方は仕事の関係でとっておかれたようですが、残念ながら古い順に捨ててしまったそうで、残されたものは昭和の最後、1980年代のものでした。

先方さんも驚かれたようで「こんな雑誌の方が売れるの!?」と至極もっともな疑問をぶつけてこられますが、実のところ雑誌の方が高値がつくことはよくあります。

ですから、皆さん、ぜひとも「こんなものは売れないだろう」という見込みで捨ててしまわず、まずはご相談ください。

 

福岡県粕屋郡篠栗町で思想書・哲学書・文庫・新書の買取り 断捨離中の大学教授より


11月 28th, 2017 | Permalink

2017.11.28

大学の先生は本を売りなれている方が多く、弊店の査定額も予想の範囲内だったようでスムーズに交渉成立。

弊店ホームページをご覧いただきお電話を下さったとのこと。

このブログもお読みいただいたようです。

ハードカバーの思想書は値が付くものが多いです。特に法政大学出版局やみすず書房、藤原書店などのものは値崩れしにくいものが多い。

文庫や新書は値崩れしやすいですが、ちくま学芸文庫や講談社学術文庫は比較的値崩れしていないものが多いです。

古書よかばい堂

092-408-4208

090-3664-6867(携帯)

 

長崎県佐世保市で書道・短歌の本を大量に買取り  御祖父様の蔵書整理をお手伝い


11月 15th, 2017 | Permalink

2017.11.15

今回は、おじい様の残された本をお孫さんが処分されるというお話。

おじいさまは短歌がお好きだったようで斎藤茂吉の戦前の初版本が大量に書棚に残されていました。

じつはこの手の本は古本屋としては買い取りづらいものの一例です。

茂吉ほどのビッグネームの場合、テキスト自体は全集や文庫で比較的簡単に手に入るので古色蒼然たる戦前の本といえども必ずしも高い値が付くわけではありません。

むしろ意外と安いので驚く方も多いと思います。

 

今回は茂吉の本はさておき、それ以外の書道関係や額縁や掛軸に買えるものが多かったのでかなりの査定額になりました。

また、家ごと処分する予定のようで本以外にも古いものをいくつか買わせていただきました。

囲碁関係の本も多かったです。

本の量と質がある程度あれば佐世保まで出張に参ります。

また、本が少なくてもレコードがあったり、掛軸や古いガラクタ類からひょんな出物があったりもします。

一度お電話でご相談ください。

092-408-4208

090-3664-6867 携帯

 

 

 

 

マリリン・モンロー、福岡での投げキッス


11月 7th, 2017 | Permalink

モンローに直接会った人の話は残念ながらまだ聞いたことがない。

60年以上前の話だから、生きている人も少なくなってしまったに違いない。

なので、私が耳にした話はすべて又聞き。

ひとつは前回すでに書いたナプキンの話。

もう一つは今から書く投げキッスの話。

 

私の同級生のご尊父がモンローが宿泊したホテルと食事をしたレストラン花の木の設計に携わった方だったという。

その縁でだろう、ご尊父は仕事でホテルかレストランでモンローを直接目にするチャンスがあったそうだ。

そのご尊父は堅い人だったにもかかわらずモンローから投げキッスを受けた話を家族にしていたという話。

たったこれだけだが、なんとも味のある話だ。

 

想像してみるに、おそらくは彼一人に対して投げキッスをしたのではなく、彼を含む一団に対してだったのではなかろうか。

遠くから見守る群衆に対して投げキッスをしたというのならわかりやすい。

米軍の慰問に行ってステージ上から兵士たちに向けてしたように。

 

それでも、である。あのマリリン・モンローがこっちを向いて(おそらくは数メートル先の至近距離から。だって建物の中での話だと思うから)あの投げキッスをされたら、

いくら堅物でも家族に話をしたくなるだろう。

 

Youtubeで”Marilyn Monroe ” “Blowing Kiss”で検索すると福岡での静止画を集めたものが出てきた。

 

これを見ると福岡では彼女は”Brady Airbase”を訪れたことになっている。

このBrady Airbaseがどうやら雁ノ巣の飛行場あたりのようなのだ。

つまり、シオヤヒルズから海の中道の海岸を彼女が眺めたのではないかという憶測はあながち間違っていなかったかもしれない。

ネット情報だけでとりあえずここまでたどり着いた。

時間があれば、さらに調べてみることにしたい。

 

最近の投稿

カテゴリー

よかばい堂のGoogle+のページ

Google+