古本・古書、CD・DVD高価買取のよかばい堂。全国対応の宅配買取と、福岡・九州を中心に出張買取も致します。

福岡市近郊でゲーム、DVD、雑誌、ミリタリー本の買い取り


1月 30th, 2022 | Permalink

2022.1.29

福岡市の近郊で買取しました。

時間の調整で時間ができたので近くの海岸を見に。

春になって暖かい日にピクニックに来ると良さげな感じでした。

写真の玄界灘はちょっと寒々しい。

買取は順調に終えました。近日中に買い取った本を紹介します。

福岡市中央区より本の持ち込み買い取り


1月 28th, 2022 | Permalink

2022.1.27

中央区から本を持ち込みたいので査定してほしいとの電話。

福岡買取専用事務所を開設したばかりなので早速そちらをご案内。

1960-70年頃の社会主義関係の本が多く買える本は多くないけど、いくつか面白い物が。

「社青同福岡地本20年史(前編)」は、調べてみると後編は未刊らしく、前編だけでも価値があると思われます。

福岡市南区でレコードの出張買い取り


1月 26th, 2022 | Permalink

2022.1.25

レコードと本があるので見て欲しいとの電話があり、お近くだったこともあり拝見しに行きました。

残念ながら本は買えるものがなかったけど、レコードはボブ・ディラン、安全地帯、杉山清貴などの70年代−80年代のもの。

珍しいものも含まれていたので、いい値段で買わせていただきました。

写真のものはその中のひとつ、7枚組のLP「Hobo Concert」

特に気になるのは細野晴臣、小坂忠、センチメンタル・シティロマンス、布谷文夫、南佳孝といったはっぴいえんどまわりの連中の一枚。大瀧詠一も多羅尾伴内の変名でクレジットされてます。

この一枚は売る前に一度聴いてみるつもりです。

福岡市近郊でミリタリー雑誌を買い取りました


1月 25th, 2022 | Permalink

2022.1.25

いわゆるオタクと呼ばれる人がいます。

今回買った本の所有者もそういう方だったようです。

ご本人は他界されていたのでご親族からお売り頂きました。

写真をご覧いただくとその一端がわかるでしょうか。

ミリタリー関係の雑誌は写真の他にも「パンツァー」「軍事研究」などもありましたが、値崩れが激しく買い取りに至ってません。

「グランドパワー」「ウォーマシン・レポート」「スピアヘッド」などのミリタリー雑誌の多くは買っただけでほとんど読まれた形跡がないものばかり。

「モデルアート」といったプラモデル関係の雑誌のバックナンバーも。

そして漫画、DVD。

ゲームソフトはpc−9801用のフロッピーディスクの時代のものからありました。

最後にSM雑誌のコレクションも出てきました。

 

 

本日、読売新聞テレビ欄に広告を出稿しました


1月 25th, 2022 | Permalink

2022.1.25

今日は読売新聞の広告をご覧になって、このページに来られた方もいらっしゃるかもしれません。

よかばい堂ブログへようこそ!

弊店は福岡古書組合に加盟する古本屋です。

つるつるぴかぴかの新しい本だけでなく、室町・江戸期の古文書・掛け軸・巻物から、海外の羊皮紙でできた本、

さらには戦前の満洲の写真絵葉書地図その他日本軍関係資料まで。

果ては近年のアニメ、ゲーム、プラモ、フィギュア、CD、DVDはもちろんレコードに至るまで多くの品を取り扱っています。

また、古書組合加盟店をはじめとした長年の経験を持つ業者とのネットワークを生かし、古道具・茶道具・骨董・家具などの処分もお引き受けいたします。ワンストップであらゆるご希望にお応えすべく日々研鑽を続けています。

どうぞ遠慮なくご相談ください。

お電話お待ちしております。

092-408-4208 または090-3664-6867

本をお持ち込みでお売りくださる方へ


1月 24th, 2022 | Permalink

2022.1.24

先ほどメールで問い合わせをいただきました。

実家からご尊父が大事にしていた本を車に積んで持って帰ってきた。

本を下ろすのが面倒だから、積んだまま持っていって査定して欲しいという内容でした。

中央区からいらっしゃるとのことなので、福岡市内にあるよかばい堂福岡買取専用事務所をご案内しました。

実はこういうケースが結構あるので、年末に市内に事務所を開設したわけです。

よかばい堂のメインの事務所は春日にありますが、福岡市内から行くにはちょっと遠すぎる。

そんな時はこの「福岡買取専用事務所」をご利用ください。

査定担当者は常駐していないので、事前にお電話でご予約くださるようお願い申し上げます。

妻の実家で捨てられていた本


1月 24th, 2022 | Permalink

2022.1.24

妻が実家から帰ってきて「こんな本が捨てられてたらもらってきたよ」

と言って差し出したのが『四国師団史』(第13師団司令部)。

まあ、こんな本には価値がないから処分しようというのが普通の感覚というもの。

しかし、さすが古本屋の女房だけあって彼女はしっかりゴミ箱から救済してきました。

「日本の古本屋で見たら結構高いよ」と続けます。確認してみると、確かにその通り。

それだけでなく過去の売れた実績を見ると現在出品されている数倍の数が売れていることが判明。

つまり、古本屋にとっては貴重な商材だったわけです。

こういう一般の人の感覚と古本屋の感覚とのミスマッチはよくあります。

往々にしてこの手の貴重な本を捨てた(整理した)後に古本屋をお呼びになる方が後を断ちません。

どうか、「整理する」前に古本屋にお電話ください。

福岡市近郊で社会科学の本と児童書の買い取り 


1月 24th, 2022 | Permalink

2022.1.23

昨日の続きで古賀市に行こうとしていたら、買い取り希望の電話。

今日は新聞に広告を出しているので電話が何本もかかってくる。

児童書と社会科学の本があるといい、たまたま古賀に行く途上なので寄ることに。

大学の先生らしくかなり専門性の高い本でした。

本の行方についても気にかけておられました。

実は本を売る人で1円でも高く売りたいと言う人は実はそんなに多くありません。

むしろ捨てるに忍びない、なんとか役立って欲しい、ゴミにすると本が可哀想だといった声です。

この方も、誰かにとって必要なはずだからどうにか生き残って欲しい、と仰ってました。

さらにそのためには古本屋に任せるのが確実だとも仰ってくれました。

経済学の先生からそう言われると悪い気はしません。

確かに古本屋は商売ですからお金に換えるために真剣に届け先を探します。

行政が本を預かって管理するのもスペースやマンパワーなどの制約でなかなか簡単には進まないのが実情のようです。

私もある自治体が主催する文学賞を受賞した大学教授の蔵書や自筆ノートの受け入れを、その自治体に打診したことがありますが難色を示されました。

 

捨てがたい本を延命させるためにもどうぞ古本屋をご利用ください。

 

福岡市近郊、古賀市で本・雑誌・DVD・ゲームソフトの買取


1月 22nd, 2022 | Permalink

2022.1.21

古賀市で買い取りしました。

今日では終わらす明日も行きます。

60代で亡くなった方の遺品で、コミック・ゲームソフトやミリタリー雑誌などがたくさんありました。

ゲームソフトは古いものはフロッピーディスクのものから新しいものまで。

ただ、外箱と中身のCDROMがバラバラのものも多く、合わせるのが大変そうです。

福岡市近郊 春日で絵本の買い取り


1月 21st, 2022 | Permalink

2022.1.21

春日市にある弊店の福岡買い取りセンター近くで絵本を買いました。

よかばい堂の先に別の古本屋に電話したけど断られたとか。

なんでもその古本屋からは「絵本の定期購読で購入した本は買いません」と言われたそうです。

へえ、そんな古本屋があるんだ、ちょっと驚き。

きっとネットだけで販売をしている古本屋でしょう。

確かにこれまでも「別の古本屋に頼んだけど、ぴかぴかの本だけ持って行って、『古い本は買えません』と残していったので、よかばい堂さんにお電話しました、ということが何度かありました。

つるつるぴかぴかの本だけを扱っている古本屋があるのですね。

もちろん弊店はそうではありません。

ツルツルでもピカピカでもない本でもきっちり査定するし買取もします。

買えない本もあるけど、古いから「即ダメ」とはならないし、書込みや線引きが「即ダメ」ともなりません。

話を戻すと、絵本の定期購読で買った本はネット上では1円本が多いのも事実ですが、弊店はネット以外で売ることもできるので、ゼロ査定にはなりません。

最近の投稿

カテゴリー

よかばい堂のGoogle+のページ

Google+