古本・古書、CD・DVD高価買取のよかばい堂。全国対応の宅配買取と、福岡・九州を中心に出張買取も致します。

新入荷: Microsoft Office Specialistのテキスト


4月 29th, 2013 | Permalink

けさインターフォンが鳴るので玄関に出ると、近所の奥さん2人と若い娘さんが1人。

「よかばい堂ってこちらですか?」と怪訝そうな顔で1人の奥さんがお聞きになるので「はいそうです」と答えると、一転して皆さん破顔一笑。

けっきょく若い娘さんがネットをたよりに「よかばい堂」を訪ねてきたが、店も看板もないので近所の方にお尋ねになったというのが真相のよう。

ご近所の皆様、休みの日の朝からお騒がせいたしました。

娘さんはカバンから数冊の本を取り出しお売りになりたいとのこと。

さっそくお見積りいたしました。

というわけで Microsoft Office Specialistのテキスト を入荷しました。

よかばい堂はいろいろな本を買い取ります。

まずはお電話でご相談ください。

092-985-3983

ももち浜古本まつり


4月 29th, 2013 | Permalink

4月26日金曜日から「ももち浜古本まつり」が始まりました。

日曜日ということもあり家族連れのお客様が多かったようです。

それもあって絵本がたくさん売れました。

まだまだ在庫があるのでどんどん補充します。

場所はTNC会館の1階。

地下鉄でしたら西新駅か藤崎駅が近いです。

天神からは福岡タワー行きのバスでもお越しいただけます。

サヘル・ローズ『戦場から女優へ』


4月 23rd, 2013 | Permalink

サインがついています。

 

 

2009年に出た本です。

この人のことは最近まで知りませんでした。

NHKの英語ニュースの番組のアシスタントで見たのが初めてでした。

すごい経歴の持ち主です。

本の奥付にある経歴の引用。

1985年10月21日生まれ。イラン出身。

89年、イラン・イラク戦争での空爆により、住んでいた町が全滅、ただ一人、ボランティアの女学生に救助され、孤児院に。

この女学生に養女として引き取られるが、養母が両親から勘当される。

93年、日本で働く養母の婚約者を頼り、二人で来日するも、今度は「連れ子」の存在が原因で離別。

その後、公園でのホームレス生活、クラスメートからのいじめ等を経験。

高校在学中よりJ-WAVE「GOOD MORNING TOKYO」のレポーター等の活動を開始。

(以下略)

その彼女の半生記。

たぶん本人の話を元にライターが原稿を書いたものでしょう。

そのせいか文章が俗っぽく流れがちですが、いかんせん「素材」がすごいのでつい読んでしまいます。

売るのが商売なので全部読むわけにはいきませんが、いったん読みだすとなかなか目を離せない本です。

宏池会の会報「進路」のバックナンバー


4月 23rd, 2013 | Permalink

珍しい雑誌が入荷しました。

半世紀以上前の宏池会の会報です。

宏池会とはもちろん自民党の派閥の宏池会。

創設者は池田勇人。

ウィキペディアによると、命名者はかの安岡正篤だとか。

「歴代首相のご意見番」「指南役」「昭和最大の黒幕」などと様々に形容される人物です。

まとめて39冊あります。

戦後日本の政治史の貴重な資料です。

国会図書館のサイトでも調べてみたけど、見つけられませんでした。

国会図書館未収蔵かもしれません。

いずれにしても珍しい資料です。

ヤフオクにて出品中。

http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b144731130

ももち浜古本まつり 4月26日(金)-5月6日(月)


4月 23rd, 2013 | Permalink

連休中、百道浜のTNC会館で古本まつりが開催されます。

よかばい堂も出品いたします。

今回初参加です。

いつもはネットでしか販売していないので、ネットで売れにくいものやネットで値崩れしているものなどを中心に、激安価格で放出します!

とにかく1冊でも多く売りきってしまいたい!という姿勢で臨みます。

古本のお好きな方、ご来場をお待ちしております。

参加店舗

あい書林

あしび文庫

糸島書店

三和書房

雪山坊

第二書房

徘徊堂

平野酔文舎

古本や檸檬

本々堂

姪浜書店

吾輩堂

よかばい堂

福岡市内での百科事典の処分について


4月 18th, 2013 | Permalink

 

 

 

お持ちの本が売れるだけの価値があるかどうかわからない、という方は遠慮なくお電話でお問い合わせください。

古い雑誌やパンフレットなどでもひょんなところにお宝が混じっていることもあります。

なるべくそのままの状態でまずお電話ください。

電話で説明するのは面倒だという方。

ご近所であればこちらから出向いて見て判断します。

当方は福岡市南区長丘で、城南区・中央区に近接してます。

ご住所によっては直接うかがったほうが手っ取り早いケースも。

 

今や百科事典を処分したい方はたくさんいらっしゃいます。

百科事典が売れたのは昭和の高度成長期です。

日本人も勤勉で知識欲が旺盛だったのでしょう。

あるいはマイホームを手に入れた人が応接間に置く家具が空っぽじゃ体裁が悪いので、百科事典や文学全集を購入したということもあったようです。

当時は訪問販売のセールスマンがいたと記憶しています。

本というよりは家具の一部だったのかもしれません。

当時購入した人たちが70-80歳になり、お亡くなりになる方もでてきています。

それが売りに出されているというわけでしょう。

ところが今や百科事典のコンテンツはデジタル化されているので、重くてかさばる紙の事典は見向きもされません。

小型の電子辞書やネット検索で十分というわけです。

というわけで百科事典はどの古本屋も買いません。

弊店とても例外じゃなく百科事典では商売はできません。

お売りいただける本があれば、お電話でご相談ください。

092-408-4208

雑誌を入荷しました:月刊アサヒグラフ パーソン


4月 17th, 2013 | Permalink

「月刊アサヒグラフパーソン」という雑誌のバックナンバーが入荷しました。

創刊号もは2001年の5月。

表紙はSMAPです。12年前のSMAP。当たり前だけどみんな若い。

韓流ブームはまだ来てなかったのでしょうか。韓国のスターの名前はありません。

香港の俳優や監督の名前がちらほら。、ウォン・カーウァイ、トニー・レオン、マギー・チャンなど。

ほかには鈴木京香、大竹しのぶ、伊集院静、堂本剛、北川悦吏子、平井堅、松たか子、中井貴一など。

変わったところではフローラン・ダバディー。トルシエ監督の右腕だった通訳です。

トルシエ退任後はスポーツキャスターでちらほら見た記憶が。

他に金城武、滝沢秀明、長瀬智也、永瀬正敏(こうやって並べて書いてナガセの字が違うことに気付いた)、堂本剛、藤原紀香などが表紙になたている号が入荷しています。

いずれも2001-2002年の号なので、10年以上前のものばかり。

こうやって書いたタレントはまだみんな活躍してるようです。息が長い。

よかばい堂はタレントの本や芸能雑誌もものによっては買い取ることもあります。

まずはお電話でご相談ください。

092-985-3983

福岡市博多区元町で70年代の文芸書・思想書などを買い取り


4月 16th, 2013 | Permalink

博多区の元町といえば、JR南福岡駅や西鉄大牟田線の雑餉隈が近いところ。

駅近くの立派なお屋敷からお声が掛り参上してきました。

ご主人が若いころから買ってこられた蔵書の一部を分けていただきました。

見積額を奥様にお伝えすると、外出中のご主人まで連絡を取ってくださり、一発回答を頂戴しました。

 

団塊の世代と呼ばれる年代の方でしょう。

70年代ごろのサブカルチャーや思想書・文芸書が多いことからも伝わってきます。

70年代は「バックパッカー」「貧乏旅行」「ヒッチハイク」などというキーワードとともに、若者が海外旅行をすることが流行っていました。

若い人が海外に出なくなったといわれる昨今とは対照的です。

その当時の海外旅行のガイドブック。

アーサー・フロマーのガイドブックの日本語訳「ヨーロッパ1日10ドルの旅」や、

枝川公一の「地球を歩くガイドブック―日本脱出あなたの番」。

タイトル自体が興味深いです。

「日本脱出」。

日本とは脱出するに値する場所だったという当時の若者の意識が反映されていると言ってよいタイトル。

しかもそれが次は「あなたの番」だと言って脱出を示唆している。

時代を感じさせる興味深いタイトルです。

アーサー・フロマーとカタカナで書くとわかりにくいけど、本好きならこういう光景は目にした人も多いのでは?

http://money.cnn.com/2013/04/04/technology/google-frommer/index.html

洋書のガイドブックコーナーでよく見るシリーズです。

このフロマーのごく初期のガイドブックの日本語訳。

当時はまだ「地球の歩き方」シリーズは刊行される前。

しかしこの装丁はこの後出てくる「地球の歩き方」の先取りをしているといえそうです。

今では貴重な資料と言えそうです。

他にも小野耕世のアメリカンコミックの本や、エーリッヒ・フロムやトマス・クーン・鶴見俊輔の思想書などお譲りいただきました。

よかばい堂は思想書・文芸書や古いサブカルチャーの本などを買い取りします。

まずはお電話でご相談ください。

092-985-3983

福岡市中央区笹丘で語学書・スポーツ科学の本などの買い取り


4月 9th, 2013 | Permalink

中央区笹丘もよかばい堂からはすぐ近く。

うちは南区ですが、城南区と中央区も目と鼻の先です。

訪問するとお引越し準備の真っ最中。

「お値段のつかない本も持って行っていただけますか?」とお尋ねになるので、「これだけの分量なら問題ありません」とお答えしました。

数分で計算が終わり、見積もり金額には一発回答を頂戴しました。

よかばい堂では語学書、アロマテラピー、スポーツ科学などの本の買い取りをしています。

まずはお電話でご相談ください。

092-985-3983

福岡市中央区平尾で映画の本の買い取り


4月 9th, 2013 | Permalink

福岡の平尾といえば古くからの住宅街。

近くには植物園・動物園・ミッション系の学校もある人気の地区で、

 よかばい堂からもクルマで5分ほどで行けます。

きのうはスケジュールが空いていたので、お電話をいただいてすぐに参上しました。

特撮・怪獣ものの映画の本、生物科学の入門書・専門書などを数十冊お譲りいただきました。

中央区・南区・城南区などの全域は近いので、すぐに参上できます。

よかばい堂は映画の本、科学の入門書・専門書などの買い取りをしています。

まずはお電話でご相談ください。

092-985-3983

最近の投稿

カテゴリー

よかばい堂のGoogle+のページ

Google+