古本・古書、CD・DVD高価買取のよかばい堂。全国対応の宅配買取と、福岡・九州を中心に出張買取も致します。

新入荷 古い児童書


2月 27th, 2013 | Permalink

仕入れたときは汚れていましたが、バイトのsachiさんの丁寧なクリーニング作業で甦りました。

『自分で工夫するぼくらの電気工作』(桜内雄二郎)

きっと前の所有者はラジオ少年だったのでしょう。かなり読み込んだようでずいぶん傷んでいます。

表紙には様々な工具とともに真空管の写真。

こちらは集英社から昭和48年に出た『空とぶ戦闘鑑』

ジュール・べルヌ原作の「征服者ロビュール」の子供向け翻案もの。

「須藤出穂・文」とクレジットされています。この人はテレビの脚本などを書くのが本業だったようです。

よかばい堂は児童書や絵本の買い取りもしています。

まずはお電話でご相談ください。

092-985-3983

福岡県大野城市での古本の買い取り


2月 27th, 2013 | Permalink

大野城市下大利から買い取り依頼のお電話をいただいたのが、夕方の7時ごろ。

売主さんは引っ越しの準備中のようなので、すに駆けつけました。

自分にの経験ではこういうときは、すぐに対応してくれないと別の方法を考えがちです。

つぎつぎと荷物を片付けていかないとなかなか終わらないからです。

公務員試験の受験テキストや塾講師をなさっていた時の数学の参考書など。

いずれもきれいにお使いの本でした。

よかばい堂は数学の本や公務員試験の参考書の買い取りをしています。

まずはお電話でご相談ください。

092-985-3983

福岡市中央区の方からの買い取り


2月 27th, 2013 | Permalink

この方わざわざ当方まで本をお持ちくださいました。

事前の電話で弊店には店舗がないことをお伝えしていましたが、クルマの中で待つから問題ないとのこと。

しかし、よもやタクシーでいらっしゃるとは予想外です。

見積もり金額でタクシー代が出るかどうか気がかりだったけど、当方の提示額に即座に納得していただきすんなり交渉成立。

法律書がメインでしたがよく勉強されたようで書き込みがある本も。

そういう本も、安くはなりますが見積もりいたします。

よかばい堂は法律書の買い取りをいたします。

まずはお電話でご相談ください。

092-985-3983

福岡市城南区での本の引き取り


2月 27th, 2013 | Permalink

福岡市の中心から南へ向かうと油山というちょっとした山があります。

「あぶらやま」と読みます。

私が子供のころからここは市民の憩いの場所、というか子どものときは遠足の場所だった。

そして、小学校も中学校も校歌には油山が歌い込まれていた。

たぶん近隣の他校も同じだと思います。

何かの大会で他校の校歌を耳にして、なんだうちの学校の校歌と歌詞がほとんど同じじゃん、と思った記憶がある。

たしか川とか山とか博多湾とか、その辺はだいたいどの学校も出てきたような記憶が。

同じ福岡でも東区に行くと別の山が対象になるのでしょうが、中央・城南・南区あたりの区民には親しまれている山だと思います。

いまでも我が家の窓からは油山がよく見え、雪が降ってるとか、油山が見えないのは黄砂のせいとか、PM2.5じゃないかといっています。

山の中腹に展望台ができたのはいつごろだったのだろうか。

モータリゼーションの発達とともに、けっこうメジャーなスポットになりだした。

1960年代はすなわち小生が小学生のころ、母親が夕飯あとに「ちょっとドライブに行こうか?」とよく行ったものです。

あ、その頃の父親は、晩飯時は残業で家にいないという家庭が多かったのでは?

すくなくとも我が家ではそういうことが多かったと記憶。

市内の夜景を見るというのはちょっとした非日常経験で楽しかったと記憶してます。

数年後免許を取って自分の運転で行く頃は、デートスポットとなり夜はクルマが列をなしていました。

さて、蚤の市で古本を置かせていただいている「窓カフェ空」にご紹介いただいたご縁で本を引き取りに行ってきましました。

窓カフェの美人ママPさんと油山観光道路沿いの某所で待ち合わせ。

なにやら素敵なクリーム色の小型カブ単でさっそうと登場。

そこからはよかばい堂のクルマに同乗いただき目的地に向かいます。

場所は山の中腹にある木々に囲まれた古い民家。

我々が到着するとすでに民家のオーナーさんは民家の片づけ中。

建物の見事さが印象的。

豪華な建築ではないにせよ、趣味の良さが感じられる日本家屋です。

建築用語を駆使して説明できないのがもどかしいですが、外観をみただけで手の込んだ造りだといことがわかる。

どうやら彼はこの建物を手に入れて、リニューアルし別荘にするのか店舗にするのか、新しい用途に供するかのようでした。

詳しいことはそれ以上きかなかったのでわかりません。

オーナーさん、なんと「お金はいらないから、全部持っていってほしい」とのこと。

本の山を一見して、

古いながらも珍しいものが混じっているのがわかり、商談成立。

というのも、商品にならないものばかりだと無料でも引き取れない場合があるからです。

さっそく本の搬出を開始。

どうやら前オーナーが学校の先生だったらしく、大読書家だった様子。

50年以上前の朝日ジャーナルをはじめとした古い雑誌等が大量に出て来ます。

別荘の気やすさからか、自宅に置く場所がなくなったらこっちに持ってきていたのではないかと推測。

学校でつかったと思しきテキスト類も出て来ます。

傷みが激しく商品にならないものはクルマで処分場に直行。

弊店のクルマで2回往復してすべてかたが着きました。

2月末だけど天気も良く、適度な作業で冷たい風が心地よいぐらい。

Pさんは、その心地よさに誘われてか「帰りは下り坂を歩いて戻りま~す」とのこと。

自然児のような方だなとの印象を受けつつその場で散会。

よかばい堂は古い雑誌の買い取りをいたします。

まずはお電話でご相談ください。

092-985-3983

百科事典・文学全集の引き取りについて


2月 19th, 2013 | Permalink

百科事典の無料引き取りについて最近よくお問い合わせをいただきます。

他店ではほとんど聞かないこのサービスについて、あらためてご案内いたします。

百科事典や文学全集以外の蔵書をお売りいただけた場合には無料引き取りサービスをしています。

「出張買い取り」に限ったサービスです。

百科事典や文学全集にはほとんどの場合お値段がつきませんし、

処分するとお金がかかります。

処分の相場をネット上で調べたところ、福岡では

A社 1000円~5000円

B社 5000円~

といった例が見つかりました。

「福岡」「古紙回収」で探したのですが、料金表を掲載している会社は多くないようです。

お金がかかるか否かは別にして、本をゴミ扱いにすることに抵抗がある方もいらっしゃいます。

長年本棚にあった本を廃棄処分にするのは忍びないですね。

よかばい堂では出張買い取りの場合に限り、本をお売りいただいたお客様には百科事典などの無料引き取りサービスをしています。

本をお売りいただくついでにご利用ください。

まずはお気軽にお電話でご相談ください。

092-985-3983

 

お客様からのお問い合わせ


2月 18th, 2013 | Permalink

先日、このブログでご紹介した本についてお問い合わせをいただきました。

 『構造の世界 なぜ物体は崩れ落ちないでいられるか』J.E.ゴードン著

という本です。

http://yokabaido.com/wp/?p=135

残念ながら売り切れてしまいましたとお伝えしました。

トンネル事故いらい既存のインフラの維持修繕への関心が高まっているようです。

アベノミクスと相まって公共工事の「期待の星」となっているのかもしれません。

維持修繕に予算がつくと、勢いこの手の技術的な本も需要が高まるかもしれません。

よかばい堂は建築・土木などのエンジニアリングに関する専門書の買い取りをしています。

まずはお電話でご相談ください。

092-985-3983

福岡 長丘 よかばい堂

福岡市城南区での出張買い取り 


2月 15th, 2013 | Permalink

お電話をいただき、すぐに出動。クルマで15分ほどの近場です。

近いと便利です。たとえわずかな冊数でも機動的に出動できます。

今回はかなりのボリュームがありました。

ご本人はいらっしゃらなかったので奥様にご対応いただきました。

処分される本の中に、よかばい堂店主の出身大学・学部の紀要が交じっていたので、そのことを申し上げると、

なんとご主人は同窓の先輩でした!さらに話しているとなんと高校も同じことが判明。

帰路、携帯が鳴りご主人からわざわざお礼のお電話。

しかも同窓のよしみを言祝ぐお言葉まで頂戴し恐縮至極。

お引き取りした本の中に珍しいものがあったのでご紹介。

畠山清行の『新・日本の埋蔵金』という本です。本自体も珍しいですが、署名入りは初めて見ました。

福岡市中央区大手門のカフェで古書・古本の即売会


2月 12th, 2013 | Permalink

「窓 カフェ 空」で開催中の蚤の市に出品中です。

わずかな数ですが、お店の雰囲気に合わせた絵本(絶版の佑学社の本やサブダの飛び出す絵本も)や

写真集、古い雑誌(週刊誌や手芸雑誌など)を置いています。

昭和の女優さんたちの表紙やグラビアはそれだけで見ものですが、記事を読んでも面白い。

「へえ、あの人が昔はこんなことをしてたんだ」とか、

「昭和の頃ってこんなこと平気で書いてたんだね」などと様々な楽しみ方があります。

300円均一コーナーもあります。

お近くにいらしたらのぞいてみてください。

素敵なカフェです。

もちろんコーヒーも美味い。

本はこんな感じ。

 

窓カフェ空

福岡県福岡市中央区大手門1-9-31

食べログのページ↓。

http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400105/40019306/

 よかばい堂では本の買い取りをしています。

まずはお電話でご相談ください。

092-985-3983

 

福岡市博多区吉塚での美術書・仏教書・歴史書・DVDの買取


2月 8th, 2013 | Permalink

吉塚の住宅街で買取してきました。

近くにはJR吉塚駅や福岡空港あがります。

弊店からは博多駅を通りぬけて吉塚のパピヨン近くから参りました。

すでに玄関先に大量の本が山積みの状態。

しかもどの本もきれいな状態です。

どうやら亡くなったご当主が集められた本の数々。

さらにはロバート・サブダの飛び出す絵本がなぜか大量に。

戦記物や歴史もの、仏教や仏像関係の本、歴史もののDVDなどさまざまな種類の本がありました。

よかばい堂は美術書・画集仏教書・仏像関係の本・絵本などを積極的に買取しています。

まずはお電話でご相談を。

092-985-3983

最近の投稿

カテゴリー

よかばい堂のGoogle+のページ

Google+