古本・古書、CD・DVD高価買取のよかばい堂。全国対応の宅配買取と、福岡・九州を中心に出張買取も致します。

新入荷 『Pero 伊坂芳太郎作品集成』


11月 29th, 2012 | Permalink

伊坂芳太郎は1928年生まれのイラストレーター。1970年42歳の若さで早世しています。

われわれのように1950年代前後の生まれの者ならそのタッチはどこかで見覚えがあり、懐かしさを感じるでしょう。

ビッグコミックの表紙や絵本などでも活躍していたようです。

出版社はParco出版。土屋耕一や草森紳一が文を寄せています。

 

よかばい堂は美術書、写真集、イラスト集、広告関係の書籍などの買い取りをいたします。

お電話でご相談いただければ、本の種類や冊数をお尋ねし大まかな概算見積もりをすることも可能です。

まずはお気軽にご相談ください。

お電話お待ちしています。

092-985-3983

 

新入荷 『宇宙学序章 グラビトニックス』関英男著


11月 28th, 2012 | Permalink

いわゆる「トンデモ本」というのでしょうか。

ユニークな論を展開されているようです。

などと遠慮しながら書いてますが、ウィキペディアの関英男の項には「晩年は「太陽の表面温度は26度で、黒点には植物が生えている」「陽子が歪むと癌になり、中性子が歪むとエイズになる」などの奇説を唱えた」

とあります。

同時に「電波工学の世界的権威として知られ、電気通信における雑音消去の面で画期的な業績をあげた」ともあります。

なかなか興味深い人物です。

 

 

よかばい堂はさまざまな種類の本の買い取りをいたします。

また、お売りいただける本がある程度あれば、百科事典や文学全集などの無料引き取りも併せて行っています。

「お売りいただける本がある程度あれば」というところがポイントです。

この点をご理解ください。 

(2017年12月注記:現在上記のサービスは行っておりません)

「私の本は買ってもらえるの?」とお思いの方、お電話でご相談ください。

福岡市中央区・南区・城南区・早良区・博多区あたりなら、少なくても参上した方が早いこともあります。

でも基本は本の内容をお尋ねします。

マンガなのか小説なのか。自己啓発本なのか。

作家名やジャンル名、いつごろのものなのかがわかると判断しやすいです。

 

買い取り範囲はおおむね福岡市とその近郊をメインにしています。

大量の本のご処分をご検討であれば、遠方まで足をのばします。

まずはお電話でご相談ください。

092-985-3983

 

 

 

佐賀で本をご処分の方 ご相談ください 


11月 26th, 2012 | Permalink

よかばい堂は福岡市とその近郊を営業範囲として買い取りをしています。

福岡とは言ったものの、行橋方面となるとさすがに遠く、それなりの本の分量が確保されてないとなかなか足を伸ばせないのも事実。

いっぽうで佐賀県ではあるけれど、鳥栖や佐賀市は福岡市のお隣さん。

地理的には北九州市よりも近いです。

そういえば昨年の山下達郎のライブ、福岡市内でチケットが取れなかったので北九州まで行こうかと思ったのですが、よく考えたら佐賀の方が近いのでそうすることに。

結果は正解で、大きなホールが好きじゃない達郎師匠も佐賀市民ホールは気に入ってたようでした。

閑話休題。

 

鳥栖や佐賀市ならとりあえずご相談ください。

現在よかばい堂は出張買い取りを始めたばかりなので、経験を積めるなら多少条件が厳しくてもなるべく売主様とお会いしたいと思っています。

ぜひ気軽にご相談ください。

092-985-3983

 

 

新入荷 『中・高校生のためのバスケットボール フォーメーション99』李宇載著


11月 26th, 2012 | Permalink

本の内容はタイトルそのままです。

フォーメーションが図入りで説明されています。

著者は韓国の指導者ながら日本の社会人での指導もやっていた人だそうです。

 

よかばい堂はスポーツの本の買い取りをいたします。

まずはお気軽にお電話でご相談ください。

092-985-3983

 

新入荷 『原色 イワヒバ写真集』日本巻柏連合会編 


11月 26th, 2012 | Permalink

 

盆栽の本です。

イワヒバというのは植物の名前。

こんな葉っぱをしています。

たしかに見たことはあるけど、名前は知らなかった。

いろんな種類のイワヒバの写真と、育て方も載っています。

江戸期から品種改良が重ねられているようですね。

古くから品種の番付表まで作られているようです。

私は園芸の趣味はなく、庭いじりはもっぱら女房殿にお任せしていますが、

こんな写真を見るとなかなか趣き深い世界だなあと感じるものがあります。

 

よかばい堂は園芸やガーデニングの本の買い取りをいたします。

まずはお電話でご相談ください。

092-985-3983

 

古書の愉しみ 『銃・病原菌・鉄』 ジャレド・ダイアモンド


11月 25th, 2012 | Permalink

この本は今でも新刊本として大いに売れている本です。

単行本もそうですし、文庫でも上下2冊で出てまだ新刊がよく売れているようです。

奥付を見ると2000年に初版が出ているから息の長い本です。

で、今日は何が言いたいのかというと、古本の愉しみには安く買うというのもあるということです。

もちろんまっさらな新刊本を手にするよろこびもありますが、たとえば勉強用として線を引いて読もうと思った場合むしろ多少の使用感があっても安いほうがありがたいということもあります。

そういう古書の利用法もあります。

ネットでうまく探すと安く見つかるかもしれません。

 

古書の愉しみ 保育社 カラーブックスシリーズ


11月 25th, 2012 | Permalink

このシリーズの古いものは見ているだけで楽しいですね。

なんといってもその魅力は写真。

「東京の味」シリーズは、今で言うグルメ本のはしりかもしれません。

料理の写真もさることながら、映り込んでいる人物の髪形や服装に目が行きます。

意図しないところにその時代の無意識が出ているのが面白いですね。

プロのカメラマンではない著者が撮ったものなどが使われているのでしょう。

いまどきの出版物ではダメ出しされそうなお気軽なスナップが使われていたりします。

でも、そういうものが却ってこちらの気を引きます。

目の前の客の後頭部が大きく映り込んでいたり、カメラ目線で乾杯しているカウンターの酔客の姿とかを見つけるのが楽しかったりもします。

また文体や語彙も時代を反映しています。

昭和48年(1973年)初版の『東京の味Ⅱ』には「ヤング」という言葉が頻出します。

若い人にはわからないかもしれません。当時は「若者」という意味でよく使われていました。

「ヤングのための酒場 京王プラザホテル ヤング・バー」の項には「ヤング・ピープルのためにデザインした、ヤングのためのバーである」とあります。

「四角いピザ シシリア」の項には「かつてのヤングのアイドル水谷良重の走り書きで始まった落書きで、店内の壁から天井までまっ黒になっている」とあります。

ホテルのバーが「ヤングバー」なのですから、この言葉はそうとう流行っていたのでしょう。

水谷良重がヤングのアイドルだった、とは知りませんでした。

なんだかみうらじゅんが古い絵葉書を解説した『カスハガの世界』みたいになってきました。

 

ピラフが紹介されていますが、これってドリアのような気がしますがどうでしょう。

その辺の区分はまだ未分化の時代があったのかもしれません。

 

そういえば昔は喫茶店でピラフを食べて、レモンスカッシュを飲むのが若者のデートの定番だったような気がします。

それ以上のおしゃれな食べ物や飲み物が大衆化するのはもう少しあと(『なんとなくクリスタル』や「ポパイ」「JJ」の頃)だったと思います。

 

 

一方でさすがに名店は今でもまだ残っている店も多いです。

うなぎの野田岩は、個人的に懐かしい店です。

20年近く前になりますが、サラリーマン時代に出向していた研究所で会議の時にはよくここの出前をとっていました。

いま思うとずいぶん贅沢な出前だったです。

 

この「東京の味シリーズ」は1960年代~70年代に初版が出ているので、当時の空気が強く感じられます。

これも古本の愉しみのひとつですね。新刊本ではなかなか味わえないもののひとつでしょう。

 

同カラーブックスの『ハワイガイド』は昭和44年(1969年)の初版。

東京オリンピックが終わり5年経ち、翌年は大阪万博をひかえた年。

大学紛争のピークで東大の入試がなくなった年だったはずですが、

同時に消費社会もピークに向かっている頃で、海外旅行の大衆化も始まった頃です。

奥付によれば著者は日本航空の社員。

JALパックの料金も紹介されています。

4泊6日で19万3000円。

初任給が数万円の頃でしょうから、その数か月分なのでしょう。

 

ずいぶん長くなりましたが、「カラーブックスシリーズ」を紐解きながら、古書の世界を散策してみました。

 

追記2014.2.9

ヤングという言葉が多く使われていると書いたけど、けっきょくこれって団塊の世代の別称ではないのかな?

当時のヤングとはすなわち団塊ですね、間違いなく。

1970年前後の20歳前後は戦後のベビーブーマー=団塊の世代。

けっきょくこの世代が 時代ごとに別称を持ち脱皮を繰り返していくというイメージ。

いまはシルバー世代とか呼ばれてるところのものでしょう。

しかし、そのネーミングがあまりにもトホホな感じなのは、今ほど外国語を使ったネーミングテクノロジーが発達してなかったからだけ?

 

よく考えるとその頃ネーミング(に限らず、社内で意思決定をする場合)の権限を担っていたのはおそらく当時の40-50歳の人間のはず。

つまり1920年代頃に生れた人たち。大正から昭和ひとけたの人。

そう思うとなんとなく納得できるような気もします。

 

 

「最近は戦後生まれのベビーブームの連中が増えたから、彼らにどんどん店に来てもらいたいね。連中はとにかく数が多いからこれからはいい客になってくれるはずだよ。違うかねキミ?」

この部長さんおそらくは「ベビーブーマー」とは言わなかった気がする。

もちろん「団塊の世代」という言い方もまだ当時はなかった。堺屋太一の同名小説は70年代後半になってから。

そういうちょっとしゃらくさい、より英語的に正しいカタカナ語は、多分もう少し後の1970-80年頃になってから使われ出したんじゃないかな。

いえ、未確認なので間違っていたら訂正します。

 

とまあ、そんな大正生まれの部長の声を受けて昭和一桁生まれの課長が、

「おっしゃる通りで。じゃ、部長ひとつここは英語を使ってはどうでしょう。若者のことをヤングというそうだですから、それでいきませんか?」

「お、いいね、さすが昭和生まれはセンスが違うね。英語と来たかい。ヤングの集まるバーでヤングバーか!」

「いや、お見事。部長、さすがに海軍ご出身だけあって英語はお手の物ですなあ」

「はっはっは。これからはヤングの時代だよ。君たちも頑張りたまえ」

というような会話が行われたかどうかわかりませんが、こちらの妄想がここまで暴走してしまうほど、

当時の古本には面白みがあるということで。

お後がよろしいようで。

 

 

 

 

 

 

 

よかばい堂はカラーブックスなどの古い本の買い取りをしています。

まずはお電話でご相談ください。

092-985-3983

 

建築の専門書『構造の世界 なぜ物体は崩れ落ちないでいられるか』J.E.ゴードン著


11月 22nd, 2012 | Permalink

少し前に仕入れた本です。

タイトルからはわかりにくいのですが、建築の専門書です。

正確に言うと建築のというよりも、建築・土木・造船などを含めたエンジニアリングの専門書とでもいうべきかもしれません。

訳者は建築学科の教授で、本のカバーの袖にも「建築・土木・機械を中心とした学生の格好の入門テキスト」と紹介されています。

ただこれはおそらくは日本での位置づけであって、英国人である原著者の経歴を見ると、造船の専門家から戦時中に航空機の研究に携わり、

戦後はFRPなどの素材の研究に移っているようです。

 

よかばい堂店主はサラリーマン時代にはゼネコンに勤務していたのですが、その頃の記憶によれば、

日本の大学などの教育機関における建築学科・土木学科という区分は海外ではちょっと異なっていたと思います。

欧米では建築家architectはどちらかというと芸術・美術系で、その対立概念として施工・制作に携わるエンジニアという職能があり、土木・建築という区分はその職能の内部での二義的な区分だったように記憶してます。

で、前者は文科系・芸術系、後者は理科系・エンジニア系だったのではなかったかな。

 

というわけで、何が言いたいのかというと、この本は建築・土木・機械などとう区分とは関係なくstructure(オリジナルタイトルもこれです)について初学者を対象にした入門書というもののようです。

たまたま建築学科の先生が翻訳をなさったということではないでしょうか。

 

笹子トンネルの事故以来、子の本へのお問い合わせも増えています。

 

よかばい堂では建築や土木の専門書の買い取りもしています。

建築設計事務所、建設会社、工務店などで蔵書の整理をご検討であればご相談ください。

もちろん個人の方からも歓迎します。

まずはお気軽にお電話でご相談ください。

092-985-3983

 

 

 

福岡市中央区・南区・城南区での買い取り大歓迎です


11月 21st, 2012 | Permalink

 

 

よかばい堂の所在地は福岡市南区長丘(ただし店舗はありません)。

FBS福岡放送の放送塔がある鴻巣山のすぐ近くです。

住所は南区ですが、鴻巣山の向こうは中央区小笹と平尾。

それに城南区もすぐ近くです。

 

中央区・南区・城南区ならば、20分ほどあれば到着できる範囲です。

この3区内ならば、ちょっとした無理なご注文にもできる限りおこたえできそうです。

たとえば「今日中に引き取りに来てほしい」などというご要望。

クルマで20分ぐらいの距離ならば時間をつくって参上します(今のところそんなに過密なスケジュールではありませんから)。

あるいは買い取り対象の本が少ない場合でも、お近くならばできるかぎり参上いたします。

 

もちろんそれ以外の区や近郊からのお電話もお待ちしています。

まずはお電話でご相談ください。

092-985-3983

 

 

 

 

 

新入荷 児童書 絵本 『やっぱりともだち』 佑学社


11月 21st, 2012 | Permalink

佑学社という出版社は現在はもう存在していませんが、福音館と並んで良質な児童書を多く出していて有名な出版社でした。

弊店でもヨーロッパの創作絵本のシリーズは人気が高く、まとめ買いするお客様があらわれてあっという間に売れてしまったことがあります。

今回入荷したのはドイツの絵本です。

 

よかばい堂では絵本・児童書の買い取りを行っています。

福岡市近郊ならこちらからお見積りに参ります。

蔵書のご処分と同時に、処分にお困りの百科事典や文学全集の無料引き取りもいたします。

まずはお電話でご相談ください。

092-985-3983

 

最近の投稿

カテゴリー

よかばい堂のGoogle+のページ

Google+