古本・古書、CD・DVD高価買取のよかばい堂。全国対応の宅配買取と、福岡・九州を中心に出張買取も致します。

マリリン・モンローと福岡


10月 30th, 2017 | Permalink

2017.10.30

こんなことは古本屋の仕事ではないとは思うのだが、もう年寄しか語る者がいなくなりつつあるので、知っていることをぽつぽつ書いてみようと思う。

私自身きちんとした取材をしたわけでもなく、聞きかじりの情報や拾い読みした本の情報の記憶から書いているので、かなりの確率で事実誤認が混じっていると思う。

なのでお気づきの方がいらっしゃればご指摘いただければ幸いです。

 

マリリン・モンローが福岡に来たことがあると言うと驚く人がいるかもしれない。

彼女はまだ新人女優の頃にニューヨークヤンキースのスター選手ジョー・ディマジオと結婚し二人で日本にやってきた。

といっても新婚旅行に日本を選んだわけではない。

ディマジオが日本側(おそらく読売新聞社やジャイアンツや日本プロ野球機構あたりか)からの招待を受けて日本人に野球を教えに来たというのが本当のところらしい。

 

一度調べたことがあるが、当時のモンローはまだハリウッドでの出演作が数本しかなかったはずで、のちの代表作となる映画のほとんどにはまだ出演してなかったはずだ。

この程度はネットでググればすぐわかるので、ちょっと引用しておく。

モンローの来日の年:1954年2月

代表作と製作年:1953年「ナイアガラ」「紳士は金髪がお好き」「百万長者と結婚する方法」

1954年「帰らざる河」「ショウほど素敵な商売はない」

1955年「七年目の浮気」

1956年「バス停留所」

1959年「お熱いのがお好き」

つまり、まだ主役としては3本の映画しか知られていない頃に来日している。

いっぽうディマジオはすでに40歳で野球人としての知名度ははるかに高かったらしい。

 

 

福岡に来たふたりは「国際ホテル」に泊まったらしい。

私はてっきり「日活ホテル」に泊まったと思っていたが、ネット情報では「国際ホテル」となっている記事が多い。

一度きちんと調べてみたいと思っている。

 

けっこうこの辺は情報が錯綜していて、私よりも年配の人でも「帝国ホテル(当時は福岡にも呉服町に帝国ホテルがあった)に泊まった」という人がいるぐらいだから、

このへんはきちんと調べたいと思っている。ちなみに彼らは東京では帝国ホテルに泊まっている。

きちんと調べるには文献にあたってみたい。

まずは福岡市中央図書館にでも行き当時の新聞記事を確認してみたいところだ。

隠居したらじっくりやってみたいと思っていたのだが、気づいたら還暦が目前に迫っている。もう時間がない!

 

福岡の米軍とはどこにあったのかも確認すべきだろう。

板付と雁ノ巣に米軍がいたことは漠然とした記憶にはあるが、モンローはいったいそのどこに行ったのか?

何時間ぐらいいて、誰と会い(当然米軍関係者だろう)、何を食べ、どこでもてなされたのか?

 

海の中道海浜公園の中で素晴らしい砂浜の景観を一望にできるシーサイドヒルシオヤという建物がある。

あまり知られていないが、機会があればぜひ一度ここからの景観を見ていただきたい。

福岡市内でもっとも素晴らしい景観のひとつではないだろうか。

20年以上前に東区の不動産屋から聞いたのだが、雁ノ巣に米軍がいたころに彼らがこの建物を建てたらしい。

彼によると将校用のゲストハウスだったらしい。

これも私の聞きかじりの記憶なのでどこまで正確かはわからない。

 

もしもモンローが雁ノ巣にも訪問したなら、きっとこの将校用ゲストハウスに来たに違いない。

もしもこの憶測が当たっていればきっとあの景観を目にしたはずだ。

そのとき彼女はどんな感想を述べたのだろうか?

この点はぜひ確認してみたいと思っている。

 

どこの文献に当たればいいかだが、米軍の記録で公開されているものに頼るしかないだろう。

アメリカのペンタゴンにでも行き情報公開請求をすればいいのだろうか?

 

ただ、モンローが福岡に来て誰とどこで会ったかぐらいなら、アメリカまで行かなくても日本国内でもわからないでもなさそうだ。

米軍の新聞に「星条旗新聞」”Stars and Stripes”という新聞がある。

まずはこの新聞の当時のものを見るのが第一歩だろう。

東京に行けば星条旗新聞社があるから、そこに聞いてみるのがいいだろう。

 

とうわけでひそかに老後の楽しみとしていたのだが、今日福岡のとある民放から電話をもらい、

私が書いたツイッターを頼りに情報提供を願い出て来た。

残念ながら私には出せるものはないが、上記の情報を提供した。

 

もしかすると福岡でのマリリン・モンローの足跡をたどる番組ができるかもしれない。

自分で調べようと思っていたが、なかなか進まないのでテレビ番組に頑張っていただきたい。

期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

福岡市周辺 古本買取日記  春日市・宗像市・糸島市の巻


7月 20th, 2014 | Permalink

2014.7.28『九州の沢と源流』

先日の土曜日山登りに行ってきました。

といっても初心者ばかりで近場の山、ということで井原山に行きました。
行政的には糸島市にあたります。
登山口には前原市のままの標識がいくつかありました。

最近私の周囲に山ガールや山おじさん(ガールとおじさんじゃバランス的にどうかと思うけど、まあこのままにしておきます)が増殖中。

同級生の間でもやたらと登山が流行っている様子です。

私も登山靴を買ってしまいました。

買ったからには登らにゃソンソン、というわけで誘われたら基本的に参加することを旨としています。

 

たまたまその数日前に仕入れた本の山からこんな本を発見。

『九州の沢と源流』(吉川満)葦書房から昭和62年に出た本です。

なかなかマニアックな本です。

なんせ沢登りの専門書。

写真やイラストは少ないのでよくわからない部分もあるけど、装備には地下足袋と脚絆が良いとあります。

地下足袋はわかるけど脚絆はちょっとイメージしにくい。

とにかく沢登りというだけに水の中をじゃぶじゃぶ登っていくのでしょう。

夏は涼しくて気持ちよさそう。

でも、かなり体力的にはかなりハードな気もします。

 

 

実際に山に行ってみて、とてもこの本は自分には上級すぎて10年早いという判断を下しました。

本の中身はこんな感じ。

沢の地図が詳しい。

よかったらご検討ください。

アマゾンに出品予定です。

 

 

 

 

古書よかばい堂

本が好き、本を買うのはもっと好き。

少ない冊数でも、古い本でも、雑誌でも処分前にお電話ください。

092-985-3983

 

 

 

2014.7.28『釣った魚をおいしく食べる

さきほど書いた石橋エータローのことが気になってネットで調べてみると、なんと父親とそっくりのタイトルの本を出していることが判明。

『釣った魚をおいしく食べる』がそれで、父親のは『釣った魚はこうして料理』。

 

アマゾンのレビューには「、レシピのあいまに父との釣りの思い出が挿入される。これが、なかなか情緒があって良い」とあります。

これを見てさっそく注文。

石橋エータローは子供時代は父は死んだと言われて育ったらしい。

その後事実を知り父に会いに行くと最初は歓待されるが、後日母親がエータロー名義で慰謝料請求訴訟を起こすと一転疎まれだした。

クレイジーキャッツでは茫洋としたイメージだった彼にそんなことがあったとは初めて知りました。

 

そんなことがあっても父と同じミュージシャンの道を進み、似たタイトルの本を書いたとなると父親の影響の大きさを感じます。

そう思って父親=福田蘭堂の本をぱらぱらめくってみると僅かに両親について触れている箇所を見つけました。

引用します。

「私の父も母も洋画家であった。が、事情あってわたしを母の両親にたくして旅にでてしまった」

 

他にもあるかもしれませんが、見落としていても古本屋のぱらぱら読書につきご容赦のほどを(ちゃんと読みたい方はぜひお買い求め下さい!とここでPR)。

 

 

あと、石橋エータローの母親は石橋家の血を引くらしい。

となるとやはりあのブリジストンの石橋家でしょうか。

なぜなら祖父青木繁は久留米の人。

この辺も調べてみると面白そう。

 

福田蘭堂の本は、少しぱらぱら読みしたら、壇一雄や開高健といった釣りや料理の好きな文人たちの名前も出てきます。

さらに西唐津・呼子などの九州の地名も。

もっと読みたいけど、この辺にして仕事に戻りましょう。

 

 

 

 

 

2014.7.28 『釣った魚はこうして料理』

画家の青木繁とクレイジーキャッツをつなぐ本。

と、何やらいわくありげな書き出しですが、Wikipediaで仕込んだにわか仕込みの受け売りです。

先日仕入れた本『釣った魚はこうして料理』。

著者の福田蘭堂は青木繁の息子です。

これがその人。

釣りが得意な様子ですが、本職は音楽家・尺八奏者。

ただ何度か警察沙汰になったこともあったようで、極めつけは女優の川崎弘子を映画のロケ地に向かう船上でレイプしたらしい。

その後川崎と結婚したというのは、今の感覚ではわかりにくいけど「キズモノにしたので、男として責任を取った」ということでしょうか。

当時彼は別に妻子があったらしい。

その前妻との間にできた息子がクレイジーキャッツの石橋エータロー。

石橋からみると、祖父が青木繁で父親は札付きのワル(ちょっと言い過ぎか?)。

自分を作ったあと母を残して別の女(女優)と再婚した、ということになりそうです。

 

 

 

古書よかばい堂

本が好き、本を買うのはもっと好き。

少ない冊数でも、古い本でも、雑誌でも処分前にお電話ください。

092-985-3983

 

 

 

 

2014.7.23

先日買い取りした本から思わぬ希少本が出てきました。

自慢できることではないのですが、

これは正直見積もりから漏れていた、という訳で追加の買い取り金額を現金書留で今からお送りします。

ときどきこういうことが起きます。

まだまだ修行が足りません。

理想的には買取のその場で全部目利きしたいのですが、やはりすべての分野で漏れなくやることは難しい。

もちろん理想を手放すことはしませんが、まだまだ修行の身です。

後日のフォローでカバーさせていただくしかないと思っています。

 

 

この本です。

かなり珍しい本。

オークションに出品します。

 

 

2014.7.22ツイートより

 

2014.7.20

暑いさなかの重い本の移動は重労働。

若くない身にはこたえます。

そうはいいつつ、本の買い取りのお電話をいただくと元気が出るのが古本屋の性分!

(2017年12月12日追記)

以下の部分は現在の弊店の買取りには当てはまらないので削除させていただきます。

過去にはこういうサービスもしていましたが、あまりにもご希望が多すぎるため対応ができなくなってしまいました。

申し訳ございません。

 

先日は春日市で、百科事典・文学全集の引取りを条件に本をお売りいただきました。

老舗の書店はこんなことはしません。

弊店のような新参者はそうも行かず、誰もやらない(多分。少なくとも福岡では聞いたことがない)百科事典や文学全集の引取りを買い取りの目玉に据えてます。

この点は弊店のセールスポイントです。

まだ体が動くうちはこのサービスは続けるつもり。

ただし、他にも買い取りお引き取りできる本がある場合に限ります。

ときどき百科事典や文学全集だけをタダで持って行って、と言われることがありますが、残念ながらご容赦いただいてます。

ご理解ください。

 

 

2014.7.14 ツイートから

 

 

 

 

 

古書よかばい堂

本が好き、本を買うのはもっと好き。

少ない冊数でも、古い本でも、雑誌でも処分前にお電話ください。

092-985-3983

最近の投稿

カテゴリー

よかばい堂のGoogle+のページ

Google+