古本・古書、CD・DVD高価買取のよかばい堂。全国対応の宅配買取と、福岡・九州を中心に出張買取も致します。

古本買い取り日記 福岡市とその近郊 (雑誌と専門書)


12月 11th, 2014 | Permalink

2014.12.5

今日は整理屋さんからの電話。

便宜的に整理屋さんと呼んでますが、いろんな方がいます。

今日の方はリフォームが本業。

営業しているとリフォームに合わせて解体・撤去の話を避けて通れない。

その際に出る古いモノの処分も一手に引き受けているという方です。

古本も回収してきた、とのことで弊店を呼んでくれました。

本は少ないながらこんなものがありました。

「増進会旬報」の古いモノ。

20冊以上まとまっていました。

本以外にはこんなものが。

ミラーマンの古いソフビ人形と蛇腹カメラです。

こういったものも本と一緒に買わせていただきます。

大掃除で出てきた古い本やおもちゃなどはよかばい堂にお売りください。

年末年始にご実家にいらした際に、眠っている古い本やおもちゃなどがあったらご相談ください。

本が好き、本を買うのはもっと好き。

よかばい堂がさまざまな本を買います。

「とにか丸ごと処分したい」

「高く売れるものだけ買ってほしい」

など、ご要望に合わせてご提案します。

まずはお電話でご相談ください。

092-985-3983

福岡市南区長丘4-2-2

2014.12.12

雑誌は捨てないでください!

まずはこれがよかばい堂からのお願い。

「事典捨てても雑誌捨てるな」なんて

赤子泣いても蓋とるな、みたいな口調で。

百科事典は商品になりません。

ネットや電子辞書で調べる時代です。

よほど特殊なものを除き辞書類・事典類の古本には厳しい時代です。

むしろ雑誌の方がお値段が付きやすい。

理由は「捨てられてしまうから」。

残ってないから価値が出ます。

百科事典は元値が高かったので捨てるに捨てられずに数十年後の今に至るまで残っています。

死ぬまで捨てきれず、本人が亡くなりご遺族が売るケースが多い。

文学全集も同じ。

でもたくさん残ってる上に、今は売りたい人が多いので値が付きません。

逆に雑誌は読んだら捨てるものなので残らない。

だからもし今残っていれば価値が出ます。

たとえばこんなのとか、

八代亜紀さんじゃないです。

大信田礼子さん。

「同棲時代」を歌ってましたね。

都倉俊一と結婚したけどすぐに離婚したような記憶が。

その後見なくなった人のひとり。

平凡パンチ。

The Magazine for Men

篠ひろ子さん。

伊集院静さんと結婚しました。

この人も見なくなった。

仙台に落ち着いてるのかな。

こんなのも。

ちょっと色っぽい雑誌。

週刊プレイボーイ、平凡パンチ、週刊大衆、アサヒ芸能。

ここ数年のものは値が付きにくいですが数十年経ったものなら喜んで買います。

ちょっと堅めのこんな雑誌でも大丈夫。

これは坪内ミキ子さん。

お若い!

NHKの「連想ゲーム」に出ていた記憶が。

右側のシオノギの広告は三沢あけみさん。

これまたお若い。

週刊文春、週刊新潮、週刊朝日、サンデー毎日などなど。

これも古ければ(昭和期を中心に)買わせていただきます。

さらにはこんなのも。

これ、注目の対談です。

「忌野清志郎VS三浦友和」

清志郎の方が先に書かれている。

たしか彼らは立川か国立あたりの高校の同級生だったはず。

同級生対談。

三浦友和もごく初期にはミュージシャン志望だったけど、清志郎を見ていてとても自分はやっていけないと思い路線変更したとどこかで読んだ記憶が。

セブンティーン、週刊平凡、週刊明星、月刊明星、月刊平凡、週刊女性、女性セブン、微笑なども昭和のものならOK。

平成期のものもものによっては買えるかもしれません。

というわけで、これ以外にもいろいろありますがいずれまたお知らせします。

今日のところはこんなところで。

本が好き、本を買うのはもっと好き。

雑誌をお売りになる際はぜひご相談ください。

古書よかばい堂

092-985-3983

福岡市南区長丘4-2-2

2014.12.14

古い週刊朝日(昭和34年3月29日)で見つけた記事です。

「おらが村のヤンキー娘 ジョニ・ウエイト」

アメリカ人の娘が信州の村に住みついたという話。

今はやりの「日本大好き外国人」ネタがこの頃にもあったことがわかります。

このジョニさんに(「ジャニさん」じゃないよ)関心を持ったのでググってみました。

どうやらJony(またはYoni) Waiteという名前でケニアに住んでる80過ぎの女性アーティストがその人らしいと判明。

http://www.csmonitor.com/1984/0516/051600.html

さらにこの本に「ジョニ・ウェイトのこと」という章があります。

『山麓雑記』(池田三四郎著)

この池田三四郎という人はかなり高名な木工家だったようです。

この本によるとこの週刊朝日の記事がきっかけになったようで、その後のマスコミの取材ラッシュが起きたようです。

よかばい堂

古い本・新しい本

堅い本・やわらかい本

どんな本でも処分の前にご相談ください。

「こんなものは売れないだろう」というものが売れることが頻繁にあります。

ぜひ「処分前に」ご相談ください。

092-985-3983

福岡市南区長丘4-2-2

2014.12.15

きのうは夕方天神にいると店の電話が転送されてきた。

「今から本を持っていきたいのですが」とおっしゃるが、

残念ながら今は店にはいないというと夜また来てくれるとのこと。

夜7時ごろまたご来店いただきました。

あ、ここであわてて付け加えておきますが、便宜上「ご来店」と書きましたが弊店には店舗はありません。

なので路上での買い取り。

理学療法士さんのテキストその他でした。

この種の本は今年10回目ぐらいでしょうか。

見た瞬間に値のつく本とつかない本がわかるようになりました。

2014.12.18

牧紀子。

きれいな女優さんです。

1959年に高校卒業し松竹入社。

大きな期待とともに何本かの映画で主役を演じるも1964年に結婚。

その後引退し数年前に訃報が伝えられました。

じつは興味深いエピソードがありますに出ています。

あの王貞治さんと高校時代手紙のやり取りを続け、その数段ボールひと箱になったとか。

牧紀子さんの詳しい記事

記事の出どころは読売新聞だそうですから、あながちでたらめでもなさそうです。

1967年の雑誌「マダム」(鎌倉書房刊)です。

▲ちなみにこの表紙の人は藤村志保さん

ここではモデル姿の牧紀子さんが見られます。

結婚して数年後だからまさに「マダム」。

今見ても古くささを感じませんね。

もちろん服やメイク・ヘアデザインなどの要素もあるんでしょうが。

2014.12.19

今日は3件の買い取り。

1件目は医学書。

北九州からわざわざお越しの方。以前も一度お売りいただきました。

2件目は太宰府で児童書など。

いつもお世話になっている古物商の方からのご紹介いただきました。

3件目はリフォーム屋さん。

今日で3回も声をかけていただきました。

リフォームのついでに不用品の整理も頼まれることが多いそうで、本も頼まれるそうです。

今日はこんなのを仕入れました。

榊原郁恵さんが表紙の子供向け料理本。

「なべつぐのあすなろ数学」

これはちょっと珍しい「オリオン社」の通信添削。

今日はこんなところで。

よかばい堂

092-985-3983

福岡市南区長丘4-2-2

2014.12.22

朝電話をいただき昨日の午後に参上。

看護学の本を買い取りました。

看護学の本と一口に言っても、学生のテキストは値崩れしているものが多いです。

アマゾンで1円本はざら。

なのでそれらの本は根の付かないものもありますが、この日は教える側つまり教師用の本でした。

もちろん値崩れしてないのでしっかり買い取り価格も出ました。

実はこの売主様の家の前にはちょっとローカルな古本チェーン店があります。

その方が言うにはその店にもっと綺麗な本を持って行ったけど数百円にしかならなかったとのこと。

冊数が違うだろうから単純に比較はできないけど、ざっくり一桁の違い。

しきりに残念がってらっしゃいました。

よかばい堂は分野を問わず専門書を買い取ります。

専門性が高いと買い取り価格も高くなる傾向があります。

この査定法だと、「きれい」「きたない」の二分法の査定では出せない価格が出ます。

無料で出張査定に参上します。

092-985-3983

福岡市南区長丘4-2-2

古書よかばい堂

福岡周辺古本買い取り日記 (雑誌・専門書)


10月 27th, 2014 | Permalink

2014.10.19(日)

ここのところ買取が続いています。

夕方に筑紫野のドクターからの買い取りの予定。

それまでは近くのホームセンターの工作教室で

「ディスプレイボード」を作っていました。

すると別の方から携帯にお電話が(店の電話からの転送)。

なんとその方はよかばい堂の前まで来てそこから電話しておられるとのこと!

それじゃあ何とかしなくちゃ。

幸い工作教室を開催中のホームセンターまで来て下さるとのことで大助かり。

ちょっと珍しいパターンです。

工作教室が終わってクルマで筑紫野市へ。

ドクターはネットで弊店を見つけてくださったとのこと。

さすがにドクターだけあって蔵書の内容も幅広いですが、半分ぐらいは洋書です。

専門書とペイパーバックをたくさん仕入れました。

そのあとすぐに春日市で郷土史関係をお売りになりたいという方のお宅へ。

『九葉実録』や『大村史談』など長崎の郷土史関係のものを買わせていただきました。

本が好き、本を買うのはもっと好き。

さまざまな本を買い取ります。

お売りになる方のご要望をじっくりお聞きします。

全部処分したい、

早く処分したい、

なるべく高く売りたい。

まずはご相談を。

092-985-3983

福岡市南区長丘4-2-2

2014-11-9

福岡市中央区からお呼びがかかり朝から行ってまいりました。

なかなか趣味の広い方でブルースリーの古い本や懐かしいCDなどをお売りいただきまました。

CDはこんな感じ。

南佳孝、大滝詠一、小林旭、飯田久彦、CMソング集などナイアガラ―(いわゆる大滝詠一ファン)なら頷きたくなるコレクション。

このほかにも大藪春彦の『野獣死すべし』の古い徳間書店版など珍しいものをお譲りいただきまました。

いかにも昭和の男の子が好きそうなコレクションです。

お若見えたけど私より若干年下と知り軽い驚きが。

大滝詠一自身、ぼくのファンは男ばっかりなんだよ、それも40代50代がほとんど、と言ってましたがまさしくその通り。

彼のCDを仕入れるたびにそれを思います。

▼▼

さらに午後からはお持ち込みの買取を1件。

岡田武彦全集や入江泰吉の写真集を買わせていただきました。

弊店ではお値段がつきにくい本については、大型チェーン店の方が高い値段をつけてくれると思うと言います。

結局はその方がお互いのため。

売主様もその方が高く売れるしこちらも助かる。

さらに大手チェーン古書店も仕入れができてよろしい。

まるで近江商人の「三方良し」みたいだな。

面白いものでそういう場合の反応は二つに分かれます。

「じゃあ自分で大型チェーン店に持って行く」という方と、「めんどくさいから全部持って行ってください」という方。

後者は免許を持たない方に多い反応だと言えそうです。

今日の買取はお二人とも前者の方でした。

特に午後の方は本田のオフロードタイプの軽自動車で来られました。

いい車ですね、と水を向けると「中で車中泊できるですよ」とのこと。

らに趣味が登山とわかり、最近山に登り始めた「にわか山男」の小生とひとしきりその話題に。

本が好き、本を買うのはもっと好き。

さまざまな本を買い取ります。

お売りになる方のご要望をじっくりお聞きします。

全部処分したい方、

早く処分したい方、

なるべく高く売りたい方。

さまざまなご要望はまずはご相談を。

092-985-3983

福岡市南区長丘4-2-2

2014.11-15
今日は3件の買取がありました。
1件目は南区の方。
「夏目漱石や山岡荘八の小説や百科事典がありますが、買い取っていただけますか?」とのお電話。
この手の本は基本的にお値段が付かない本がほとんどです。
遠くの場合はもう少し蔵書内容をお聞きして判断するのですが、なんせ近場(同じ南区、しかもごく近く)だったので、
四の五の言う前にまずは参上仕りました。
出迎えてくださったのはなんと御年89歳とという男性。
道路からかなり高い場所にある玄関から下まで降りてきてお迎えいただきました。
まずは応接間の書棚を拝見。
う~む、たしかに百科事典と山岡荘八『徳川家康』と文学全集などなど(^_^;)
買えるものがありません。
しかしここまでは想定内。
次に二階の蔵書を拝見。どうやら娘さんが使っていた部屋のよう。
そこでちょっと珍しい児童書と手芸の本を買わせていただきました。
お聞きするとご夫婦で89歳とのこと。
にもかかわらずお二人とも階段を苦も無く上り下り。
矍鑠としたお二人とお話しできて楽しい買取でした。
2件目は中央区のマンション。
「いろんな本があります」とのことで参上するとたしかに文庫本・料理の本・児童書・小説など。
この売主様も弊店からクルマで10分ぐらいの至近距離なので、ざっとヒアリングしただけで参上しました。
2件の買い取りが済み家でくつろいでいると3件目のお電話。
さらに近くの中央区からお電話。
オズボーンコレクションのセットをお売りになりたいとのこと。
ほるぷ出版がその昔セット販売した外国絵本の復刻版セットです。
当時の定価はたしか10万以上したのではないでしょうか。
手元に資料がなく記憶で書いてるので間違ってるかもしれません。
ただ現在はオークションでも随分安くなってしまいました。
高く出品している人もいますが、実際の落札額は1万円台だから定価の10分の一ぐらい。
ちょっと申し訳ないほど安い金額になってしまいますね。
古書よかばい堂

本が好き、本を買うのはもっと好き。

さまざまな本を買い取ります。

お売りになる方のご要望をじっくりお聞きします。

全部処分したい、

早く処分したい、

なるべく高く売りたい。

まずはご相談を。

092-985-3983

福岡市南区長丘4-2-2

2014.11.16
今日は日曜日。
ですが、本を買うのが好きなよかばい堂は今日も買い取りです。
朝イチバンで出陣したのは博多区の売主様。
料理の本をお売りいただきました。
『日本料理技術大系』
こういう本は料理人の世界で先輩から後輩に引き継がれることが多いようです。
古書よかばい堂

お売りになる方のご要望をじっくりお聞きします。

全部処分したい、

早く処分したい、

なるべく高く売りたい。

まずはご相談を。

092-985-3983

福岡市南区長丘4-2-2

2014.11.21
「本を6冊ほど買ってほしいんですが」というお電話。
6冊と言われ、どう返答しようかと思っていると「そちらに持っていきます」とのこと。
明日福岡に行くのでその際に寄ります、とおっしゃいます。
どうやら県外の方。
ご持参いただけるなら6冊でも1冊でも大歓迎。
最近はナビのおかげて弊店のように看板も出してない店にも本をご持参いただくことが増えました。
わざわざお持ちいただく方は、このブログをお読みいただいた方が多いようです。
なのであまりみっともない文は書けません。
好天に恵まれ暖かいこんな日は書庫のまわりで室外業務。
すると家の前に県外ナンバーのクルマがみえたのですぐに本のお持ち込みの方とわかりました。
しかも本を見てびっくり。
定価4万超の豪華写真集が6冊。
なるほど、これなら僅か6冊でも県外からお持ちいただくのも納得。
ほとんど読んだ形跡もないほどの美本だったのでかなりの高額査定となりました。
山岳写真で有名な白川義員の『世界百名山』全3巻と『世界百名瀑』全3巻の6冊です。
アマゾンで出品中です。
2014.11.17
中央区の法律事務所からお電話をいただきました。
法律関係の本は古本屋的にはけっこう査定が難しい。
というのは法律は改訂されるし判例も日ごとに増えるから。
以前は「加除式」という文字通り(改正法や新しい判例を)加えて、古いものを除くという本がありました。
今では電子データのやり取りなのでそういう面倒がなくなっています。
そういうわけで法律の本は古くなると役に立たない。
それどころか「百害あって一利なし」という専門家もいます。
でも中には詳しく実務を解説した本で絶版になっている高いものもあります。
その辺は実際に本を見ないと分かりません。
近い場所なので行ってみることに。
で、結論を言うと大正解。
かなり専門的かつ実務的な本や住宅地図もお売りいただきました。
余談。
昼食がまだだったので法務局前の中華料理屋へ。
その名も「レストラン 喫茶 香港」。
実は私はこの店は15年以上昔から通ってます。
好きなのは担担麺と普通のラーメン。
担担麺は今は普通の良くある担担麺になってしまったけど、
以前はこの店独特の赤い透明なスープのゴマがたっぷりのものでした。
担担麺としては邪道かもしれないけど、私はいまでも敢えてそちらを注文します。
それにラーズジ定食。
ピリ辛の鳥肉炒めの定食です。
15年前と場所も変わったけど店名が変わりました。
最初はたしか「唐人閣」。
次が「青島」。
そして今が「レストラン 喫茶 香港」
正直言ってだんだんネーミングが悪くなる。
でも安くて美味いのは相変らず。
日本語が片言だけど明るいお母さんがいつもお店にいます。
店の中に一歩入ると、香港の裏通りの店はかくあらん、という感じ。
2014.12.1
宗像まで雑誌の買取に。
最初は「文学全集や小説がたくさんあるけど買ってもらえるか?」
というお電話。
詳しく聞くとそれ以外にも古い雑誌がたくさん出てきたとのこと。
ご実家が古い農家で、その解体のために整理していたところ、いろんな物が出てきたそう。
こんなのがたくさん出てきました。
さらには50年前の週刊誌も!
読みだしたら面白くてきりがない。
たとえばこんなの。
いまどきはやりの「日本大好き外国人」ネタのハシリと言えそうです。
「おらが村のヤンキー娘 ジョニ・ウエイトさん」
この人その後どうなってるのか知りたくてググってみました。
といっても英語の綴りがわからないので手探りで。
男じゃないからまさかJohnnyってことはないだろうとJoannie とかいろいろトライ。
どうやらJonyまたはYoni Waiteという名前で80歳を超えていまだに活躍中のアーティストであると判明。
このあとアフリカのケニアにわたり30年すごしたのち、近年は日本に戻って個展をやったりしている模様です。
面白いですね。
他にもこの記事。
いまをときめく渋谷になぜ西武百貨店があるのか?
これは西武が渋谷進出を決めたときの世間の驚きが記事になっています。
写真に出てくる堤清二が若い。
写真の点線で囲まれているのは西武百貨店のA館B館と東急シネマ(?)があったビル。
今はどうなってるのかとグーグルストリートビューをみたらツタヤのビルになってました。
最後にこれ。
誰だかわかりますか?
岩下志麻さんでした。

最近の投稿

カテゴリー

よかばい堂のGoogle+のページ

Google+