古本・古書、CD・DVD高価買取のよかばい堂。全国対応の宅配買取と、福岡・九州を中心に出張買取も致します。

消え去っていく本をねぎらうことについて


5月 27th, 2015 | Permalink

2015年5月24日

突然ですがこんな話です。

遺族にとって死んだ家族の遺体は、それがペットであっても大切なもの。

お線香をあげてお経を挙げて手厚くに葬りますね。

古本も似ていると感じることがあります。

他人にはゴミの山にしか見えなくても、買った本人にしてみればお金も使った、大事にもしてきた長年の相棒。

ずっと一緒に過ごしてきたものを、ごみ扱いするのはしのびない。

処分するにしても「供養」が必要です。

最近注目の、世界の「コンマリ」こと近藤麻理恵さんも捨てられるモノにはねぎらいの言葉を掛けるといいます。

外国ではそういう点も受け入れられているとか。

どこの国でも捨てるものへの感傷はあるのでしょう。

売主様からよく耳にするのはドライな買取への不満。

大手チェーンの名前を挙げる方も多いです。

買取価格もさることながら、この「供養」「ねぎらい」がないことへの反感でしょうか。

「自分が大事にしてきたものを目の前でゴミ扱いはしてほしくない」というところでしょう。

京都には古本供養をするお寺もあるようです。

私はお坊さんじゃないので供養はできませんが、本へのねぎらいの気持ちを持つかどうかは、古本屋の商売にとって大きなポイントと思います。

よかばい堂

092-408-4208

福岡市南区寺塚1-26-18-101


福岡市中央区でのCD・英語の専門書の買取


5月 24th, 2015 | Permalink

2015年5月23日

先日中央区の方からお電話をいただきました。

英語の学習書や楽譜は買い取れるかとお尋ね。

結論を言うとどちらも買えるもの買えないものがあります。

どこで見分けるかというと、出版社やタイトルから類推します。

でも手元に本が無い電話ではどうするか?

結局丁寧にお話を聞くしかない。

話をしているうちに少しずつわかってきます。

まず、その本を読んだのがご本人かどうか。

もしそうならさらに詳しくお尋ねします。

ここで著者名がすらっと出てくる人の蔵書には興味をひかれます。

なぜか?

特定の著者に影響を受けるほどある分野に力を入れた人は、それなりの蔵書を揃えていることが多いからです。

これが家族の蔵書の場合は違います。

失礼にならない範囲で「(そのご家族が)お仕事でお読みになった本ですか?」などと尋ねます。

すると、英語の教師をしていた父の本だとか、キルティングが趣味の姉の本だとかお話ししてくれることがあります。

ここまでわかると大きな手がかりです。

で、今回は電話での感触が良かったのですぐに参上したところ、予想通り。

英語の本も英検一級レベルの高度な本が多く、いい買取ができました。

査定しながらお話しているとさらに別の本やCDもお持ち下さり予想外のものまで買わせていただきました。

たとえばこんなの。

山口百恵や浅丘ルリ子のCD。

山口さんの「哀愁のコニーアイランド」はオリジナルとは違うバージョンですね。

大滝詠一ファンとしてはちょっと得した気分になるのでは?

本やCDレコードの整理の際はご相談ください。

意外なものに意外な値段が付くことがあります。

ご実家の整理で出てきた物も捨てる前にまずご相談ください。

よかばい堂

092-408-4208

福岡市南区寺塚1-26-18-101


 

最近の投稿

カテゴリー

よかばい堂のGoogle+のページ

Google+