古本・古書、CD・DVD高価買取のよかばい堂。全国対応の宅配買取と、福岡・九州を中心に出張買取も致します。

マリリン・モンローと福岡


10月 30th, 2017 | Permalink

2017.10.30

こんなことは古本屋の仕事ではないとは思うのだが、もう年寄しか語る者がいなくなりつつあるので、知っていることをぽつぽつ書いてみようと思う。

私自身きちんとした取材をしたわけでもなく、聞きかじりの情報や拾い読みした本の情報の記憶から書いているので、かなりの確率で事実誤認が混じっていると思う。

なのでお気づきの方がいらっしゃればご指摘いただければ幸いです。

 

マリリン・モンローが福岡に来たことがあると言うと驚く人がいるかもしれない。

彼女はまだ新人女優の頃にニューヨークヤンキースのスター選手ジョー・ディマジオと結婚し二人で日本にやってきた。

といっても新婚旅行に日本を選んだわけではない。

ディマジオが日本側(おそらく読売新聞社やジャイアンツや日本プロ野球機構あたりか)からの招待を受けて日本人に野球を教えに来たというのが本当のところらしい。

 

一度調べたことがあるが、当時のモンローはまだハリウッドでの出演作が数本しかなかったはずで、のちの代表作となる映画のほとんどにはまだ出演してなかったはずだ。

この程度はネットでググればすぐわかるので、ちょっと引用しておく。

モンローの来日の年:1954年2月

代表作と製作年:1953年「ナイアガラ」「紳士は金髪がお好き」「百万長者と結婚する方法」

1954年「帰らざる河」「ショウほど素敵な商売はない」

1955年「七年目の浮気」

1956年「バス停留所」

1959年「お熱いのがお好き」

つまり、まだ主役としては3本の映画しか知られていない頃に来日している。

いっぽうディマジオはすでに40歳で野球人としての知名度ははるかに高かったらしい。

 

 

福岡に来たふたりは「国際ホテル」に泊まったらしい。

私はてっきり「日活ホテル」に泊まったと思っていたが、ネット情報では「国際ホテル」となっている記事が多い。

一度きちんと調べてみたいと思っている。

 

けっこうこの辺は情報が錯綜していて、私よりも年配の人でも「帝国ホテル(当時は福岡にも呉服町に帝国ホテルがあった)に泊まった」という人がいるぐらいだから、

このへんはきちんと調べたいと思っている。ちなみに彼らは東京では帝国ホテルに泊まっている。

きちんと調べるには文献にあたってみたい。

まずは福岡市中央図書館にでも行き当時の新聞記事を確認してみたいところだ。

隠居したらじっくりやってみたいと思っていたのだが、気づいたら還暦が目前に迫っている。もう時間がない!

 

福岡の米軍とはどこにあったのかも確認すべきだろう。

板付と雁ノ巣に米軍がいたことは漠然とした記憶にはあるが、モンローはいったいそのどこに行ったのか?

何時間ぐらいいて、誰と会い(当然米軍関係者だろう)、何を食べ、どこでもてなされたのか?

 

海の中道海浜公園の中で素晴らしい砂浜の景観を一望にできるシーサイドヒルシオヤという建物がある。

あまり知られていないが、機会があればぜひ一度ここからの景観を見ていただきたい。

福岡市内でもっとも素晴らしい景観のひとつではないだろうか。

20年以上前に東区の不動産屋から聞いたのだが、雁ノ巣に米軍がいたころに彼らがこの建物を建てたらしい。

彼によると将校用のゲストハウスだったらしい。

これも私の聞きかじりの記憶なのでどこまで正確かはわからない。

 

もしもモンローが雁ノ巣にも訪問したなら、きっとこの将校用ゲストハウスに来たに違いない。

もしもこの憶測が当たっていればきっとあの景観を目にしたはずだ。

そのとき彼女はどんな感想を述べたのだろうか?

この点はぜひ確認してみたいと思っている。

 

どこの文献に当たればいいかだが、米軍の記録で公開されているものに頼るしかないだろう。

アメリカのペンタゴンにでも行き情報公開請求をすればいいのだろうか?

 

ただ、モンローが福岡に来て誰とどこで会ったかぐらいなら、アメリカまで行かなくても日本国内でもわからないでもなさそうだ。

米軍の新聞に「星条旗新聞」”Stars and Stripes”という新聞がある。

まずはこの新聞の当時のものを見るのが第一歩だろう。

東京に行けば星条旗新聞社があるから、そこに聞いてみるのがいいだろう。

 

とうわけでひそかに老後の楽しみとしていたのだが、今日福岡のとある民放から電話をもらい、

私が書いたツイッターを頼りに情報提供を願い出て来た。

残念ながら私には出せるものはないが、上記の情報を提供した。

 

もしかすると福岡でのマリリン・モンローの足跡をたどる番組ができるかもしれない。

自分で調べようと思っていたが、なかなか進まないのでテレビ番組に頑張っていただきたい。

期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

福岡市でDVDの買い取り


10月 15th, 2017 | Permalink

2017.9.30

大量のDVDを買い取りました。

売り主様ご本人の言によれば「映画秘宝」系とのこと。

レンタルショップには置いてないマニアックな映画が多いので買値もかなりの額になりました。

最初は弊店が委託を受けて古書組合の市に出品するということで合意していたのですが、

弊店の都合で直接売っていただけないか打診したところ快諾いただいたので遽全部買い取りました。

もちろんこちらの都合による申し入れなので市での予想落札価格に上乗せさせていただきました。

さらに組合や弊店の手数料分も節約できたので売り主様は手取り額にはご満足いただけたと思います。

 

 

 

タイ語による日本紹介のガイドブックを仕入れてきました


10月 15th, 2017 | Permalink

2017.10.15

イギリスからの帰り、予定にはなかったバンコク経由での帰国。

バンコクではなんと朝方に空港に到着し出発が深夜なのでトランジットが17時間。

ロンドンのタイ航空の事務所で暇のつぶし方を聞いたら、大型のショッピングモールが一番便利だし安全だと聞き、結局そこで一日過ごした。

で、そこの本屋で買ったのがこの4冊の本。

ぜんぶ日本を紹介するタイ語のガイドブック。

左上が鉄道旅行のガイドブック。その舌は日本語でも書いてある通り「日本の田舎」のガイドブック。

右上はイケメンカメラマン(表紙の人がその人と思われる)の撮った日本各地の写真と文章(悲しいかなタイ語は読めない)。

その下は「step on Japan」と英語のタイトルがついている。中身は漫画による日本の生活の紹介だろうか。

絵でなんとかわかるのは関空と大阪城なので大阪に住んでみたタイ人の経験を描いたものだろうか。

これ以外にも本屋には自転車旅行者向けの日本旅行のガイドブックなどもあったし、とにかく日本のガイドブックの種類の多さにはちょっと驚いた。

そのあとバンコクから福岡に向かう機内でもタイ人と思しき観光客がずいぶん多いと感じたので、客室乗務員に尋ねてみたら半分ぐらいはそうらしい。

で、その彼らはこんなガイドブックを読んで情報を仕入れて日本にやってくるわけです。

 

 

鉄道旅行のガイドブック。いきなりJR九州のゆふいんの森とあそぼーい。

この調子で日本全国の鉄道が紹介されている。

 

目次の日本地図を見ると、やはりと言うべきか九州の列車の紹介が多い。

東南アジアの人にとっては北海道の寒さや雪が珍しく憧れの対象だと思っていたので、九州の情報が多くてちょっとうれしくなる。

 

目次の地図。九州の情報密度が高い。

楽しそうな写真が満載。行ってみたくなる。

おつぎは「日本の田舎」。

これは九州が少ない。全九州で2件。沖縄1県にも負けてる。

もちろん東京・神奈川・大阪・愛知などの大都市を抱える府県はなし。

日本の田舎

けっこう満遍なく各地が紹介されている。

九州からは玉名と山鹿、そして屋久島が紹介されている。山鹿温泉と八千代座。

次はこれ。イケメンのカメラマンの本。

たぶんこの表紙の人が著者だと思う。それらしき(著者近影と思しき)ページにも彼の写真が出ているし。

ただ、タイ語は読めないのであくまでも推測。

この人が多分著者。タイトルは無論読めないがグールグの翻訳によると「旅行は無駄になりません」だそう。

いきなり出てきました。太宰府天満宮。

函館。きれいだな。行ってみたくなる。

蔵王。これもきれいだ。滑ってみたくなる。

小樽ですね。雪の時に行ってみたくなる。

北海道の斜里町ですか。これもきれいだ。

 

なかなか旅情を誘う出来の本だ。日本ってこんなにきれいな国だったんですかという感じ。

最後の1冊は漫画による日本案内。1巻は大阪の話で終わっている。

Step on Japan 1とあるように2巻以降も出ている。タイ語は読めないから1巻だけしか買わなかった。

女の子と二人で関空に降り立ったが、男の方はバンコクのまんまの軽装なのでおせっかいな空港職員に詰問されて冬服に着替えさせられるようだ(絵からの推測)。

「関西スルーパス」の説明なのだろう。彼らはけっこう長い間滞在するのかもしれない。

なぜかコンビニのサンクスが頻出する。

大阪城とゴジラ。絵の真ん中に肝心の大阪城があるため造本を終えるとこんな風に仕上がってしまうことがうまく予想できなかったと見える。

古書よかばい堂

092-408-4208

090-3664-6867携帯

 

最近の投稿

カテゴリー

よかばい堂のGoogle+のページ

Google+